熊谷宗徳 認証済み

元交通捜査官/交通事故鑑定人/交通事故調査解析事務所 代表 報告

この事故の翌日、事故現場を確認しました。150メートルほど手前の交差点を事故現場方向に少し進行した左側歩道の切り下げ部分から、左前輪のものと思料されるタイヤ痕があり、そのタイヤ痕は右に進路を変更しながら事故現場へと向かっていました。タイヤのトレッドが認められたため、右にハンドルを切りながら加速した際に印象されたタイヤ痕であると思いました。
防犯カメラ映像も解析しましたが、明らかに加速しながら事故現場に向かっています。

踏み間違い事故が高齢者に多いのは、特に身体能力の低下、判断能力の低下が考えられ、踏み間違えたことに気付かないままパニックとなり、目の前に迫る危険を回避することに精一杯になってしまうようです。こうなると物理的に停止するまで車は止まりません。

高齢者の踏み間違いは、足を上げているつもりでも上がっておらず、踏み換えたつもりでも踏み換えられていないなども考えられます。

こちらの記事は掲載が終了しています

熊谷宗徳 認証済み

元交通捜査官/交通事故鑑定人/交通事故調査解析事務所 代表

警察官として24年間の大半を交通事故捜査に従事し、2,000件以上の交通事故捜査を担当、警察署では主に交通事故捜査係主任、本部交通部高速道路交通警察隊ではパトカー兼交通事故捜査係主任として多くの交通事故・事件捜査に従事してきました。退官後は、交通事故調査解析事務所を立ち上げ、裁判所や弁護士などから交通事故調査・鑑定の依頼を受け、交通事故鑑定人として活動しています。

熊谷宗徳の最近のコメント

  • 電動キックボードにも反則切符 大阪府警が取締強化、全国初か写真

    共同通信 6月23日(水) 9時54分

    熊谷宗徳認証済み

    |

    ちょうど20年前の平成13年6月、電動キックボードは原動機付自転車に分類され、原付以上の運転免許がな...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    熊谷宗徳認証済み

    |

    事故現場道路がどのような形状か把握していませんが、バイクが対向車線にはみ出す事故が多いのは下り坂の左...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント