八尋伸

監督批判もOK ハラスメント防止は選手の話を「聞く」指導

2018/6/23(土) 9:32 配信

日本大学アメリカンフットボール部問題で、タックルをした選手は謝罪会見の席上、内田正人前監督との関係について、こう語っている。「意見を言える関係ではなかったと思います」「お話しする機会が本当にないので、信頼関係というものは分からないです」。監督と選手の極端な距離は、「上意下達」の軍隊のような体質につながっていないだろうか。これまで約150人の指導者を育ててきた、筑波大学硬式野球部の川村卓監督に指導論を聞く。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。