Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ野球の開幕は近いけど、夏の甲子園中止は残念や。今週の特集『野球場』オレの思い出の球場は神宮。青春のスタジアム!やね【岡田彰布のそらそうよ】

配信

週刊ベースボールONLINE

高校球児へは簡単にはなぐさめの言葉は出ない

プロ野球の開幕は近いけど、夏の甲子園中止は残念や。今週の特集『野球場』オレの思い出の球場は神宮。青春のスタジアム!やね【岡田彰布のそらそうよ】

早大時代は神宮で1年春から88試合に出場したわ。写真は4年春の優勝時。オレが主将でトロフィーをもらった。まさに青春の1ページが神宮球場にあったよ/写真=BBM

 そろそろコラムにかかるか……と思ったとき、テレビ画面にニュース速報が流れた。5月20日の午後4時過ぎやった。ここまでの一連の報道で、予測はできていたが、あらためてニュースとして流れると、さすがに息をのんだ。「夏の甲子園、中止決定」──。やっぱりな。今の情勢では仕方ないか、と思う半面、もう少し、決定の判断をズラしてもよかったのでは、とも考えた。  そのあと、テレビでは涙する球児の姿が映し出され、言葉に詰まる監督の悲しげな表情も……。高校球児、特に3年生の夢を打ち砕いた新型コロナ禍が本当に憎い。彼らに伝える言葉は見つからない。残念だろう、といった話ではない。ここまで、“甲子園”にかけてきたのである。それを思うと、簡単になぐさめの言葉は出てこない。  オレ自身、高校1年(北陽高=現関大北陽高)の夏、甲子園を経験した。2年の春のセンバツは不祥事で出場辞退を味わっている。喜び、悲しみ、怒りの3年間……。これは貴重な時間だった。何より“仲間”がいたこと。あれから45年ほど、今でも年に何回か、仲間が集まっている。これほど長く絆が続くことがスポーツの持つ力よ。今回はセンバツも夏の大会もなくなり、3年生は無力感に襲われているだろう。そらそうよ、誰が悪いわけでもない。見えない敵、新型コロナウイルスが夢を奪った。でも、3年間、仲間と過ごしたかけがえのない時間は、間違いなく、この先も生き続ける。だから耐えてほしい、球児の先輩として、今はこれしか言えない。  今後、夏の甲子園の代替え案がいろいろと検討されると聞いた。先週号でも書いたが、これは賛成よ。彼らにエネルギーを発散できる舞台を作っていただきたい。2020年、春も夏も失った球児のせめてもの晴れ舞台を……。ホンマ、折に願う。  一方でプロ野球だ。自粛解除の流れの中、6月19日開幕案に向け、進み出している。これが実現すれば、残りは1カ月。調整は? 実戦勘は? が問われてくる。ようやく全体練習(まだ分散・分離のようだが)がスタートしたばかりで、正直、時間が足りないのも事実だろう。しかし、あえて言う・・・

本文:2,257文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます