Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【野村克也の本格野球論】主題「プロ意識」 新庄剛志はまさに典型的な阪神の選手だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「人気先行型のチーム」と内心、バカにしていた

【野村克也の本格野球論】主題「プロ意識」 新庄剛志はまさに典型的な阪神の選手だった

新庄のように能力だけで生き残る選手は少ない/写真=BBM

 監督時代、毎年シーズンのスタートにあたり、ミーティングで『野村の考え』として選手たちに口酸っぱく繰り返してきたのが、「プロ意識を持て」ということだった。プロで生き残るために、必要不可欠な要素である。  しかし、だ。私が監督として見た阪神タイガースには、まったくそれがなかった。ある意味、このプロ意識のなさが、阪神の“伝統”なのだ。私が選手として長く在籍した南海ホークスは、リーグこそ違えど同じ関西のチーム。ただし、いつもスポーツ紙の一面に載るのは阪神だった。典型的な人気先行型のチーム。だから、われわれは内心、阪神の選手を・・・

本文:1,962文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込220
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます