Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「改革意欲ある人を登用」 内閣人事で自民・菅総裁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 自民党総裁選で新総裁に選出された菅義偉(よしひで)官房長官は14日、記者会見し今後の自民党役員、内閣の人事について「規制改革は徹底してやりたいと思っているので、改革意欲がある人、改革に理解を示してくれる人を中心に人事は進めていきたい。改革意欲のある人は色んな派閥に散らばっているので、そうした観点からそこは登用していきたい」と語った。 【動画】自民・菅新総裁「改革意欲ある人を結集」国民のために働く内閣つくる

 記者から「安倍政権を継承する方針から『居抜き内閣』『小幅改造』との見方も出ているが大幅に改造する考えはあるか」との質問が出たが、これに対しては「これは総理大臣が変わる訳なので、思い切って、私の政策に、方向に合う人を登用して、仕事をしていかないと国民に申し訳ない」と語った。

二階氏、麻生氏は「政権運営で極めて重要」

 また、菅氏は自民党の二階俊博幹事長、麻生太郎副総理について「内閣の要、そして党の要だ。極めて政権運営で重要な二人だと思う」と評価。一方、「続投するかと言うのはまだ決めていない」とした。  森山国対委員長についても「本当に素晴らしい国対委員長だと思うし政治経験も豊か。能力は私は大変高く評価している」としつつ、こちらも「人事は全く決めていない」と述べた。  自身の後任となる官房長官には「色んな要素があるが、総理との組み合わせもある。そうしたことを全体的に考えて、総合的な力がある人が一番落ち着くと思う」と語った。

【関連記事】