Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤浪晋太郎は、阪神のカギを握る男よ。2度目の登板は手応え十分やった【岡田彰布のそらそうよ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

自分で切り開くしかない

藤浪晋太郎は、阪神のカギを握る男よ。2度目の登板は手応え十分やった【岡田彰布のそらそうよ】

藤浪の復肩は、自分自身で切り開くしかない状況やと思う。相手がイヤがる投球をするだけや。2度目の登板で四球は1つのみの自責点1の好投。何より戦う姿勢を見せてくれたのが一番やった/写真は7月23日の広島戦=BBM

 運も実力のうち……という。優勝したシーズンを振り返ると、運が味方したというケースが多くあった。この運というものをどう生かすか。そこがポイントになる。  例えば今シーズンの阪神だ。序盤の苦しい展開から、よく盛り返して勝率5割前後に浮上した。こうなると運が巡ってくる。それが如実に表れたのが対戦相手のめぐりよ。ここ最近、広島-中日-ヤクルトときた。ハッキリしているのは、力では絶対に阪神が上ということ。このスケジュールのプラスを生かすだけよ。相手はホンマ、ミスの連続。負けようがないわね。勝負は非情なもので、こういうときは徹底的に相手をねじ伏せていくだけよ。  おかげでタイガースは一時貯金ができた。それと同時に、セ・リーグの力関係がハッキリしたのではないか。広島、中日は苦しいし、ヤクルトは戦力的にこれから難しくなる。ということは上位を争うのは3球団。巨人、DeNA、そして阪神。上位と下位の色分けができてくるころ、とオレは判断している。だから阪神は巨人、DeNAとの対戦が重要になる。運を味方につけたあとは、自力でライバル2チームをつぶしにいく。それによって、この先、優勝への道筋が見えてくるに違いない。  ということで今週の話題だが、編集担当のS君は「どうしても藤浪(藤浪晋太郎)投手についてお願いしたいです」とのことやった。藤浪ね~、オレの見方は変わっていない。阪神のカギとなる投手であることは違いない。7月23日の甲子園での広島戦。藤浪は今シーズン初のマウンドに立った。ところがオレには、どうしてもオドオドした風情にしか見えなかった。かつての自信にあふれたフテブテしさが消え、不安げな顔つきが気になって仕方なかった。  送り出すベンチもそう。見守るスタンドのファンもそう。期待はあるけれど、何かコワゴワといった空気が甲子園を包んでいた。  それでも藤浪は5回をゼロで抑えた。2点をリードして勝ち投手の権利を得た。もしオレが監督で、藤浪がルーキーなら、5回で代えたかもしれない。でも、藤浪の立場は今、それではない。続投は当然であり、結果、外国人選手に逆転満塁本塁打を浴びた。  ここで問題です。ホームランを打たれたことがポイントだったのか・・・

本文:2,202文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール