Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

水際対策「COCOA義務付けを」 小池都知事が提案、アプリ多言語化も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 東京都の小池百合子知事は16日、定例記者会見で、海外から新型コロナウイルスが持ち込まれないようにする水際対策として、帰国・入国する人々に対し、政府が開発した新型コロナウイルス感染者との接触を通知するアプリ「COCOA(ココア)」の利用を義務付けることを要望した。また、「これから場合によっては何語(を使う人が利用すること)になるか分からない。COCOAの機能そのものも多言語化する必要があったりするのではないか」とも語った。

 小池知事は、「帰国された方、入って来られる方が場合によって陽性で、その関連でどのように連絡が取れるか。その方が陽性か、もしくはその後で陽性になったときも、まずCOCOAに登録いただくと(対処がしやすくなる)。実際にその濃厚接触者などを追跡するのはそれぞれの自治体の保健所になる」と述べた。    さらに、「感染拡大を防止するためにも、その方のためにも、また社会のためにもCOCOAの義務付けは必要なのではないだろうかと考えている」と述べた。また「羽田があり、成田があり、多くの外国の方を受け入れる一都三県なので、きょうは一都三県で西村大臣にお願いする」とし、埼玉・神奈川・千葉各知事と共に西村康稔(やすとし)経済再生担当相と会談し水際対策について話し合うことを明かした。

【関連記事】