Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<甲子園交流試合・2020センバツ32校>智弁和歌山、最後まで全力 観客席、拍手で支え /和歌山

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で実施されている2020年甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、毎日新聞社、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は第6日の17日、県勢の智弁和歌山が登場。昨秋の四国大会準優勝の尽誠学園(香川)に1―8で敗れた。投手陣が序盤で失点を重ね、打線も初回以降つながらなかった。悔しい敗戦となったが、最後まで全力でプレーした選手たちに、観客席からは温かい拍手が送られた。【橋本陵汰】 【真夏の熱闘】交流試合の写真特集はこちら  智弁和歌山は初回、2死一、二塁から5番川上珠嵐選手(3年)が打席に立った。「独自大会ではチャンスで1本が出なかった。ここで打ってやる」。振り切った打球は中前適時打となり、幸先良く先制した。  主導権を握ったかに見えたが、後が続かななかった。その裏、すぐに同点に追いつかれる。さらに、二回裏は1死満塁から走者一掃の適時二塁打を許すなど、一挙5点を奪われて尽誠学園に流れを持って行かれた。  相手の強打に苦しむ投手陣をバックは懸命に支えた。三回裏、1死二、三塁のピンチで、三塁手の平田晃将選手(3年)が難しいゴロを逆シングルで捕球し本塁へ送球。三走を三本間で挟み、アウトにした。「どんな打球が来てもアウトにする準備は出来ていた」。  バックの好守に投手陣も応えたかったが、四回にさらに2失点。打線も安打は放つもののつながらず、二回以降ゼロが並んだ。  投手陣で意地を見せたのはエースの小林樹斗投手(同)。「自分が抑えて流れを変える」。4番手で六回からマウンドに登り、3イニングを0点に抑えた。八回裏、最後の打者に投じたのは151キロの渾身(こんしん)の真っすぐ。見事三振を奪った。  感染症対策でスタンドには吹奏楽部などが入れず、チャンステーマ「ジョックロック」は響かなかった。それでも、スタンドのチームメートや保護者は好プレーの度に拍手を送り、最後まで選手たちを支えた。 ………………………………………………………………………………………………………   ■熱球  ◇みんなに支えられた 細川凌平主将(3年)  4度目の甲子園で5打数ノーヒット。チームも敗れ、悔しい結果となった一方、「甲子園でプレーできるうれしさや楽しさも改めて感じた」という。  新チームで主将を任されたが苦しんだ。新人戦3回戦でまさかの敗退。投手と野手の間に溝ができ、中谷仁監督から「キャプテンを辞めろ」と言われたこともある。まとめ方が分からなかった。  悩み抜いた末、「打てない野手陣が投手陣に遠慮している。本音をぶつけ合おう」。懸命に仲間に訴え、試合に勝つことでチームはまとまった。  センバツの出場を決めたが、感染症の影響で中止。目標を失ったチームをまとめるという困難に再び直面した。中谷監督から「逆境に本当の姿が現れる。強い人間であれ」とはっぱをかけられ、「もう1度強い智弁を作り上げる」。自分とチームを鼓舞した。  最後の甲子園。「迷惑をかけたキャプテンだったが、みんなに支えられた」。感謝の言葉で締めくくった。【橋本陵汰】 ……………………………………………………………………………………………………… 智弁和歌山   100000000=1   15020000×=8 尽誠学園(香川)

【関連記事】