Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関西2チームが低迷してる。まずは勝率5割を目指せ【岡田彰布のそらそうよ】

配信

週刊ベースボールONLINE

焦りが見えてしまう矢野監督の采配

関西2チームが低迷してる。まずは勝率5割を目指せ【岡田彰布のそらそうよ】

阪神はまさかのスタートダッシュ失敗。自慢の投手陣も打線が打たないことで踏ん張り切れず投壊状態。まずは1勝、1勝を大事に拾うしかないわ/写真=BBM

 自粛期間中、テレビで懐かしい番組が放送されていた。1985年、阪神が日本一になったシーズンを振り返るものだったのだが、あの当時、やっぱり打線はスゴかった、とあらためて感じたわ。バース、掛布(掛布雅之)さん、そしてオレのクリーンアップが象徴的とされるけど、あのときの一番バッターはエゲツなかった。  真弓明信さんである。真弓さんはそれまでの一番像をガラリと変えた。もちろん足は速かったけど、何よりバッティングで抜群のパンチ力があった。ヨーイ・ドンで大きいのを打つ。内野安打で出てとか、四球を選んでとかのタイプやない。まさに異次元のトップバッターであり、シーズン30本以上のホームランを放っている。こんな一番打者、いまおらんでしょ。2003年の今岡(今岡誠=真訪・現ロッテ二軍監督)も大したもんであり“真弓2世”と呼ばれたほど。でも、真弓さんは別格。85年は真弓さんに引っ張ってもらった……という印象が強く残っているわ。  さて、そんな真弓さんは今後、破られることのない記録を残している。なんだか分かりますか? 今では開催されなくなったダブルヘッダーだが、当時はよくやった。そんな中、中日戦で真弓さんはとんでもないことをやってのけたのだ。一番・真弓だから……の記録とはそれは1日2本の先頭打者本塁打である。1試合目のスタートでいきなりアーチをかけ、2試合目もヨーイ・ドンでホームラン。そう、今後、ダブルヘッダーが復活しない限り、そんなことは2度と起こらないやろね。真弓さんの記録は永遠に残ることになるな。  この一番打者で、今シーズンの阪神は揺れている。矢野(矢野燿大)監督の構想は一番・糸井嘉男、二番・近本光司だったのだが・・・

本文:2,250文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます