Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ禍に振り回される22歳ボクサーの人生…世界戦延期中の中谷潤人が経営難トンテキ店閉店のWショック…「悩んだ末の決断。世界王者になって恩返しを」

配信

THE PAGE

ボクシングの元日本フライ級王者で、WBO世界同級王座決定戦出場が決定している中谷潤人(22、M.T)が16日、神奈川県相模原市で自身がオーナーとして経営していたトンテキ専門店「とん丸」を5月末で閉店することをSNSで明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で、休業を余儀なくされ、経営が悪化したのが理由。サウスポーの洗練されたボクシングでデビューから20連勝を飾っている中谷は、4月4日に後楽園ホールでWBO世界フライ級王座を同級1位のジーメル・マグラモ(25、フィリピン)と争う予定だったが、新型コロナの影響を受けてキャンセル、延期となっていた。新型コロナに人生を左右されそうなホープは、それでも目標を失うことなく、「器用な僕ではないので本職のボクシングに更に重点を置き目標!目的!を果たして今度は、皆様に恩返しできたらと思います! 感謝!感謝!」とSNSに綴った。  中谷が、郷土三重の名物料理であるトンテキの専門店を相模原にオープンさせたのが昨年8月だ。両親は三重でお好み焼き店「十兵衛」を経営していたが、中谷をサポートするために家族で引っ越してきて新しい店を始めた。弟の龍人さんが店長を務め、人気の店になり経営も順調だったが、新型コロナ禍に直撃された。 「3月末あたりから休業していました。だんだんと感染者が増え始めてきていたので(迷惑をかけないために)なるべく早めにと」  3月末から休業したが、緊急事態宣言が5月末まで延長され、特に特定警戒都道府県に指定された神奈川県では、休業要請解除の動きがなく再開の見通しが立たなくなった。家賃など固定費だけが出ていく飲食店は、どこも経営難に追い込まれているが、中谷の店も同じく経営危機に直面した。 「お金のことは、母親に切り盛りしてもらっていて、いったいどれくらいの赤字なのかを把握できていなかったのですが、大変な状況だったことは確かです。色々と悩んだ末に閉店は、家族で話し合って決めました。まだ開店して1年も経っていないのですが、この厳しい状態ではしょうがないかなと」  中谷は静かに言葉を絞り出した。 「店は、両親に切り盛りしてもらっていましたが、僕がオーナー、僕のお店という形でやらせてもらっていました。僕の器量のなさというか……」  自分を責めた。

【関連記事】