発祥の地は大手町駅から徒歩数分、江戸草創期の「色街」をたどる

発祥の地は大手町駅から徒歩数分、江戸草創期の「色街」をたどる

…造成の真っ只中で埃っぽく、風呂屋が人気を呼び、そこで男たちの背中を流した湯女が、春を売るようになったのです。 江戸の中心部あった丹前風呂は、外れにあっ…

7月28日(日) 8時0分-ライフ総合(アーバン ライフ メトロ)

「男女混浴問題」昔は当たり前だった?江戸時代の銭湯事情とは…

「男女混浴問題」昔は当たり前だった?江戸時代の銭湯事情とは…

…をしたり、垢を落としたり、茶菓子の接待をする“湯女(ゆな)”を置く湯女風呂が流行した。ところが、この湯女が売春することもあったため1657(明歴3)年…

6月22日(土) 21時5分-ライフ総合(デイリースポーツ)

40代まで青物市場の問屋で働き……画家・伊藤若冲とは何者だったのか?

40代まで青物市場の問屋で働き……画家・伊藤若冲とは何者だったのか?

…を経て、現在東京大学文学部教授(美術史学)。『もっと知りたい伊藤若冲』『湯女図』『絵は語り始めるだろうか』など著書多数。

5月13日(月) 11時0分-エンタメ総合(文春オンライン)

おならやおねしょの身代わりに?本当にあった江戸時代の珍バイト

おならやおねしょの身代わりに?本当にあった江戸時代の珍バイト

…産婆、手習い師匠、三味線の師匠などの仕事もあった。もちろん、太古から続く湯女、飯盛り女、夜鷹や女郎などの肉体労働もないではなかった。 そんな江戸で、ち…

4月7日(日) 12時0分-ライフ総合(BEST TIMES)