野球の実施提案「難しい」=24年パリ五輪トップが見解

…、各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会出席のため訪れた東京都内で時事通信のインタビューに応じ、24年大会で現行の28競技以外に野球を追加提案する…

11月30日(金) 17時24分-スポーツ総合(時事通信)

「スルガ銀行問題」で問われるべき金融庁の責任

「スルガ銀行問題」で問われるべき金融庁の責任

シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズ社が破綻し、その融資を担当していたスルガ銀行による不正が次々と明るみに出た。第三者委員会報告に記された不正とパワハラの内容に注目が集まってい…

11月30日(金) 16時0分-経済総合(マネーポストWEB)

「食肉の帝王」浅田満氏はなぜ国から293億円も引き出せたか

「食肉の帝王」浅田満氏はなぜ国から293億円も引き出せたか

平成という時代を振り返ると、政治や経済の重大な局面で必ずその存在が見え隠れする。表の権力者たちを支え、動かし、時に揺るがす「フィクサー」たちだ。確かに昭和の時代にも暗躍した「大物フィクサー」はいた。

11月30日(金) 16時0分-社会(NEWS ポストセブン)

大前研一"ついに失われた30年になった"

大前研一

…平成が終わる。大前研一氏は新刊『日本の論点2019~20』(プレジデント社)で、平成という時代についてこう述べた。「30年前、私は『平成維新』を掲げ、道州制、ゼロベースの憲法改正、移民政策、容積率の緩…

11月30日(金) 15時15分-社会(プレジデントオンライン)

北方領土「4島返還」断念なら保守層反発、それでも安倍総理が“賭け”に出る事情

北方領土「4島返還」断念なら保守層反発、それでも安倍総理が“賭け”に出る事情

と、北方領土に足を運んだことがあり、同地の地元紙をチェックしている元時事通信モスクワ支局長で拓殖大学海外事情研究所の名越健郎教授が説明する。「また、…

11月30日(金) 8時0分-政治(デイリー新潮)

ゴーン容疑者が家族に伝言=「恋しい」、ブラジル総領事

在東京ブラジル総領事館のジョアン・デ・メンドンサ総領事は29日、都内で時事通信の単独インタビューに応じ、金融商品取引法違反容疑で逮捕された日産自動車の…

11月30日(金) 7時5分-社会(時事通信)

韓国に広がる「日本どうでもいい」の理屈

韓国に広がる「日本どうでもいい」の理屈

…韓国大法院(最高裁)が元徴用工の賠償請求を認める判決を出したことが、日韓関係を揺るがせている。神戸大学大学院教授の木村幹氏は「日韓は関係を修復する意味を見いだせずにおり、世論にはあきらめの感情だけが拡…

11月29日(木) 15時15分-政治(プレジデントオンライン)

安倍首相は"改憲"から"領土"に乗り換えた

安倍首相は

…安倍晋三首相が静かな政策転換を図ろうとしている。これまで安倍首相は一にも二にも「憲法改正」の旗を掲げてきたが、そちらはいったんブレーキを踏み、歯舞・色丹の「北方2島先行返還交渉」に力を入れ始めた。この…

11月29日(木) 15時15分-政治(プレジデントオンライン)

EU離脱を素朴に信じる英国強行派の短慮

EU離脱を素朴に信じる英国強行派の短慮

…■離脱協定に基づかない「無秩序な離脱」のリスク 膠着が続いていた英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉にようやく前進が見られた。11月25日、EUはベルギーの首都ブリュッセルで臨時の首脳会議(サミット)…

11月29日(木) 9時15分-経済総合(プレジデントオンライン)

まだ"隠れトランプ"を主張するエセ有識者

まだ

…■なぜ米下院で民主党が多数派を奪還できたのか 11月6日、米国で連邦議会上下両院の中間選挙が行われた。結果は上院・下院ともに下馬評通りの状況となり、上院は共和党が議席を伸ばし、下院は民主党が共和党から…

11月29日(木) 9時15分-政治(プレジデントオンライン)