【連載】暴力の学校 倒錯の街 第41回 「進化」する記憶

…企業側の「明るくて元気があって、挨拶がきちんとできるような生徒が欲しい。簿記も最低三級は欲しい」という条件を満たす必要があった。だから「授業の最初と終…

2013年9月23日(月) 9時46分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第36回 5章 噂の培養基 教え子からの手紙

…したけど、子どもたちの態度ですね。今は就職難だから、どんなに一生懸命、(簿記の)三級の再々試験をしてあげても子どもたちには通じていなかった。また、通じないと思います》…

2013年8月27日(火) 14時50分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第35回 加害者の「教育観」

…度だけ宮本が知美を叩くのを目撃している。 《二年生になって二回目ぐらいの簿記の授業でした。知美ちゃんが授業中に手紙を書いているのが見つかったのです。宮…

2013年8月19日(月) 9時43分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第34回 「善意」をまとった暴力

…る。授業時間は棚町が週に三時間、宮本が六時間で、就職コースという性格上、簿記を担当する宮本が多かった。 《ちょうど期末テストの一週間くらい前で、私と宮…

2013年8月12日(月) 16時0分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第33回 「あの先生は異常ばい!」

…高田は自分以外の生徒を宮本が殴っているのも目撃している。 《殴る理由は、遅刻や簿記の教科書を忘れるからです。しかし、殴る回数はほとんどの場合ビンタ一発だけで…

2013年8月7日(水) 14時20分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第28回 高校の沿革

…処理(就職)希望者の中から一クラスを編成する。情報処理をはじめ商業経済や簿記会計、計算事務などの授業をおこない、就職試験対策として小論文や面接の指導も…

2013年7月13日(土) 14時24分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第18回 初公判

…関する部分をこう読み上げた。 二年一組の教室において、十名の生徒を対象に簿記の再々試験を開始したがその直後、受験する必要のない被害者が教室最後部の同女…

2013年5月24日(金) 13時34分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第9回 証言の温度差

…漂っていた。 二年一組の教室では、午後三時四○分から約三○分程度、特別に簿記の再々試験をおこなおうとしていた。宮本が担当する試験だ。 黒板脇には、他の…

2013年4月9日(火) 15時3分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第8回 悲劇の序章

…たが、七五年ごろから商業のみを担当するようになった。商業の内容は主として簿記である。 進路指導部長の仕事は進路、就職関係の指導をおこなうもので、進路相…

2013年4月4日(木) 14時20分-社会(藤井 誠二)

【連載】暴力の学校 倒錯の街 第7回 知美の学園生活

…っていたから腹は立ちませんでした。 宮本先生には、二年になってから初めて簿記を習いました。二年一組の副担任で私たちの担任の棚町先生がいないときには代わ…

2013年3月30日(土) 14時20分-社会(藤井 誠二)