ヤマハのスーパースポーツ開発はV4から始まった! YAMAHA FZ750 -PART1-

ヤマハのスーパースポーツ開発はV4から始まった! YAMAHA FZ750 -PART1-

…マハは早くから4スト開発に着手、1970年にはXS-1という650バーチカルツインを発売、ホンダのパフォーマンス追求とは一線を画す、先達である英国車の…

9月10日(火) 22時5分-ライフ総合(エイ出版社)

欧州ヘリテイジスポーツ編[2019新車走評]カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #06

欧州ヘリテイジスポーツ編[2019新車走評]カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #06

…トを重視したモデルが並ぶ。中でもボンネビルに代表されるトラインフのバーチカルツイン系、ドゥカティのスクランブラー系が勢力拡大中だ。外観も中身も一段とヘ…

9月10日(火) 11時30分-産業(WEBヤングマシン)

国産ヘリテイジスポーツ編[2019新車走評]カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #05

国産ヘリテイジスポーツ編[2019新車走評]カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #05

…9万3600円 [Cafe]111万2400円ほぼフルチェンジしたバーチカルツインは、従来型に比べ、最大トルク発生回転数が2500→4800rpmと高…

9月9日(月) 11時41分-産業(WEBヤングマシン)

「ペケエス」の愛称で呼ばれたヤマハ初の大型4ストロークバイク「XS-1」とは?

「ペケエス」の愛称で呼ばれたヤマハ初の大型4ストロークバイク「XS-1」とは?

…フィーリング」「価格的にも身近なもの」という要素に加え、エンジンをバーチカルツインにした点などもトライアンフ「ボンネビル650」を参考に開発が進められ…

9月6日(金) 19時0分-経済総合(バイクのニュース)

オンもオフも楽しめる、トライアンフ「スクランブラー 1200 XC」

オンもオフも楽しめる、トライアンフ「スクランブラー 1200 XC」

…する前後ストロークを誇ります。エンジンは、トライアンフが得意とするバーチカルツイン=並列2気筒で、最高出力90馬力、最大トルク11.2kgf-mを発生…

8月20日(火) 6時0分-産業(&GP)

カワサキ「W800 STREET」から見たフォルクスワーゲン「The Beetle」 歴史を受け継いだ2台は、時間の経過をゆっくりと楽しめる名車!

カワサキ「W800 STREET」から見たフォルクスワーゲン「The Beetle」  歴史を受け継いだ2台は、時間の経過をゆっくりと楽しめる名車!

…1966年に登場したW1の誕生から歴史がスタートし、空冷OHV直列バーチカルツインエンジンを搭載、その堂々とした風格から日本のビッグバイクの先駆者、そ…

8月4日(日) 13時0分-経済総合(バイクのニュース)

最速神話のはじまり-KAWASAKI Z1-part1

最速神話のはじまり-KAWASAKI Z1-part1

…ーチを積んでいた。その布石として、1966年に英国車をお手本としたバーチカルツインのOHV500ccバイクを生産していた目黒製作所を吸収合併し、650…

7月29日(月) 6時3分-ライフ総合(エイ出版社)

色褪せない伝説 ーSUZUKI GSX1100S KATANA-part1

色褪せない伝説 ーSUZUKI GSX1100S KATANA-part1

…続いてヤマハも1969年に初の4スト・ビッグバイク、XS-1というバーチカルツインで続き、カワサキも70年代に入るとDOHC4気筒で900ccまで拡大したZ…

7月23日(火) 18時2分-ライフ総合(エイ出版社)

新たに加わったカワサキ「W800 CAFE(ダブル800 カフェ)」は、新型の持ち味を存分に発揮する新感覚モデル

新たに加わったカワサキ「W800 CAFE(ダブル800 カフェ)」は、新型の持ち味を存分に発揮する新感覚モデル

…側をホワイトにし、軽快感を演出しています。 360度クランクの空冷バーチカルツインエンジンや前後18インチ化(先代はフロント19インチ)した足まわりな…

6月19日(水) 18時0分-経済総合(バイクのニュース)

君は川崎重工のW1を知っているか!? 今乗ってみたら驚きの連続だった

君は川崎重工のW1を知っているか!? 今乗ってみたら驚きの連続だった

…す。当時は英国車が全盛で、その代表格だったBSAの並列2気筒、通称バーチカルツインの大型スポーツモデルを真似て作ったのが「メグロ」でした。メグロは当時…

6月19日(水) 5時41分-モータースポーツ(佐川健太郎)