“見せかけの緩和強化”を続ける日銀を待つ、本当の「修羅場」

“見せかけの緩和強化”を続ける日銀を待つ、本当の「修羅場」

…のチャンスはあったが、「執行部の一致」にこだわり、積極緩和を主張し続けるリフレ派の副総裁らを説得できないまま、緩和強化にみえるような仕掛けを入れたり、…

9月20日(金) 6時1分-経済総合(ダイヤモンド・オンライン)

日銀の「量的質的緩和政策」は本当に限界を迎えつつあるのか

日銀の「量的質的緩和政策」は本当に限界を迎えつつあるのか

…の重要性は後退したかに思える。 このような金融政策の現状について、多くのリフレ政策支持者は歯がゆく思っているのではなかろうか。また、数字の上では日銀が…

9月19日(木) 7時1分-経済総合(現代ビジネス)

日銀は逃げ切りへ&ECBの電撃敗戦etc=預保“ブタ積み”事件とリブラ協会有料

日銀は逃げ切りへ&ECBの電撃敗戦etc=預保“ブタ積み”事件とリブラ協会

預金保険機構とリブラ協会は何の関係もないが、みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト、唐鎌大輔氏の論評に触発され、両者の接点になり得る“事件”を紹介したい。

9月16日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

ドクターエア、充電式で場所を選ばずハンドケアできるコードレスマッサージャー

ドクターエア、充電式で場所を選ばずハンドケアできるコードレスマッサージャー

…「ドクターエア」から、指先から手首までをエアー加圧でケアする「3Dハンドリフレ」を発売した。価格は14,800円。 充電式のハンドマッサージャー。指先…

9月10日(火) 6時30分-産業(Impress Watch)

米経済は良好?&ダドリーの超ド雁論etc=マイナス金利と“減る預金”有料

米経済は良好?&ダドリーの超ド雁論etc=マイナス金利と“減る預金”

…日銀の鈴木人司審議委員が講演で預金金利のマイナス化に言及した。金融機関にとっては長年の課題であった預金サービスの適正化につながるチャンスだ。預金者から適正な対価を取るべきであろう。

9月9日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

独り相撲の様相を強める日銀の金融緩和 はしごを外された日銀の苦境有料

独り相撲の様相を強める日銀の金融緩和 はしごを外された日銀の苦境

…<2019年9月14日号> 7月末の金融政策決定会合で、日本銀行は金融市場調節方針に「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれるおそれが高まる場合には、躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる」との一文…

9月6日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

日本が「主流派経済学の実験場」となった経緯を解き明かした衝撃の1冊とは

日本が「主流派経済学の実験場」となった経緯を解き明かした衝撃の1冊とは

…に近いかもしれない。「リフレ派」と言われる経済学者や官僚たちの多くはフリードマンをアイドル視していた。そして、必ずしも「リフレ派」というわけではないが…

9月6日(金) 6時1分-経済総合(ダイヤモンド・オンライン)

そして『超円高の秋』?&郵政の存在意義etc=預金保険料の在り方有料

そして『超円高の秋』?&郵政の存在意義etc=預金保険料の在り方

保険商品の不適切販売をめぐり、金融庁が9月中旬にもかんぽ生命保険と日本郵便に立ち入り検査に入る、と報じられた。民営化の副作用が不幸な形で露呈した格好であり、改めて郵政事業の存在意義を考察してみたい。

9月2日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

2020年米大統領選が招くのは「円高」か「円安」か?勝者別の為替シナリオ

2020年米大統領選が招くのは「円高」か「円安」か?勝者別の為替シナリオ

…領の今後の動きにかかわらず、前回16年11月の大統領選後のように、大規模リフレ策への期待を背景とした米金利上昇・米株高・ドル高は期待できないだろう。す…

8月26日(月) 6時1分-経済総合(ダイヤモンド・オンライン)

【CLASSY.が気になった】8月の「ファッション&トレンドニュース」8選

【CLASSY.が気になった】8月の「ファッション&トレンドニュース」8選

…りトピックスあ、可愛い♪ ブシュロン「リフレ」の新作ストラップに視線集中 8/31(土)までブシュロン「リフレフェア」開催中!ブシュロンは、簡単にスト…

8月21日(水) 16時0分-ライフ総合(magacol)