時事通信、「俳人・金子兜太さん死去」と誤報配信 担当記者に処分の可能性も

時事通信、「俳人・金子兜太さん死去」と誤報配信 担当記者に処分の可能性も

…きしてほしい」「(時事通信は)関係先からの連絡をうのみにしたのか」――といった声が挙がっている。●担当記者に処分の可能性も 時事通信に誤報が発生した経…

2月19日(月) 13時42分-経済総合(ITmedia ビジネスオンライン)

時事通信>誤報記事を配信 1時間後に全文取り消し

時事通信社は19日朝、俳人で文化功労者の金子兜太さん(98)の死去を報じる記事を配信し、約1時間後に誤報として記事全文の削除を連絡した。 同社は同日午前6時44分に契約社などに速報記事を配信したが、…

2月19日(月) 12時47分-社会(毎日新聞)

時事通信が「俳人の金子兜太さん死去」と誤報記事を配信 全文を削除、陳謝

時事通信社(東京都中央区)は19日午前、俳人で文化功労者の金子兜太(とうた)さん(98)の死去を速報するとともに記事を配信し、約1時間後に誤報だったとして取り消した。 同社によると、同日午前6時44…

2月19日(月) 12時37分-社会(産経新聞)

時事通信「金子兜太さん死去」と誤った記事配信

時事通信社は19日、俳人で文化功労者の金子兜太さん(98)が死去したという誤った記事を配信し、約1時間後に記事全文を取り消した。 同社によると、記事は金子さんの関係者からの情報に基づき、同日午前6時…

2月19日(月) 11時38分-エンタメ総合(読売新聞)

時事通信、誤った訃報記事を配信 編集局長が陳謝

時事通信社は19日午前6時44分ごろ、「戦後の現代俳句をリードした俳人で文化功労者の金子兜太さんが死去した」という誤った速報を配信した。同社のニュースサイトのほか一部ネットニュースでも流れた。 同社…

2月19日(月) 11時34分-社会(朝日新聞デジタル)

ノルディック複合 ルール変更で起きた世界のオギワラ潰し

ノルディック複合 ルール変更で起きた世界のオギワラ潰し

…「金」にこそ届かなかったものの、渡部暁斗が平昌五輪ノルディック複合・個人ノーマルヒルで2大会連続銀メダルを獲得したことは、度重なるルール改正に苦しんできた日本の復権を意味する快挙だろう。 冬季五輪の第…

2月19日(月) 11時0分-スポーツ総合(NEWS ポストセブン)

「金子兜太さん死去」と誤報=時事通信が陳謝

時事通信社は19日午前6時50分ごろ、「俳人の金子兜太さんが死去した」との記事を配信した。 しかし、事実誤認と分かり、約1時間後に記事全文を取り消した。関係者からの情報に基づいたものだったが、事実関…

2月19日(月) 10時51分-社会(時事通信)

大阪で韓国籍60代男性が死亡…殺害に推定

大阪で韓国籍60代男性が死亡…殺害に推定

…大阪で韓国籍の60代男性の遺体が発見されたと時事通信など日本のメディアが18日、報じた。日本警察はこの男性が殺害されたと見ている。報道によると、17日…

2月19日(月) 10時30分-韓国・北朝鮮(中央日報日本語版)

社説では朝毎だけが触れた石牟礼道子の死

社説では朝毎だけが触れた石牟礼道子の死

…作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが亡くなった。代表作『苦海浄土(くがいじょうど)』は、「水俣病」の現実を描いたノンフィクション作品で、水俣病が注目されるきっかけをつくった。石牟礼さんの死去につ…

2月19日(月) 9時15分-社会(プレジデントオンライン)

貴乃花「捨て身の爆弾告発」で八角退陣、大乃国理事長誕生か

貴乃花「捨て身の爆弾告発」で八角退陣、大乃国理事長誕生か

3月11日に初日を迎える大相撲春場所。先場所、途中休場に追い込まれた横綱・白鵬、稀勢の里は復活を遂げるのか、平幕優勝を果たした栃ノ心はどんな相撲を取るのか──そういった土俵上の動きとは、全く別のとこ…

2月19日(月) 7時0分-スポーツ総合(NEWS ポストセブン)

時事通信をYahoo!サービスで再検索:
ウェブ
動画