Inside2017.12.13

シャンシャン、木登りできた――Yahoo! JAPANのトップに「幸せ過ぎるニュース」、あの写真を選ぶ基準は?

(提供:毎日新聞社)

上野動物園で6月に誕生したパンダ・シャンシャンが、木登りできるようになった――。

それを伝える1枚の写真とキャプションが、Twitterで「Yahoo! JAPANのトップページに幸せ過ぎるニュースが出ている」と紹介され、話題になりました。

Togetterでもまとめられ、投稿を見た多くのユーザーは「癒やされた」と反応。中の人である私たちにとっても、うれしい盛り上がりでした。

この写真を選んでいるのは、Yahoo!ニュース トピックス編集部。1日5~7回程度メンバーで議論し、掲出する写真を決めています。Yahoo! JAPANのトップページの中でも特に目立つ枠で伝えたいのは、「いま」を切り取った瞬間です。

本記事では、Yahoo! JAPANの「あのトップ写真」をどのように選んでいるのかをご紹介します。

配信される記事中の写真から、「いま」を伝える1枚を

Yahoo!ニュースには1日約4000本の記事が配信されており、その多くは写真が入っています。トップ写真は、こうして配信された写真から選んでいます。

トップ写真はPCブラウザで見られます

例えば、12月11日12時ごろのトップ写真は「10年ぶり東京駅から」。新任の外国大使が皇居で天皇陛下にあいさつする「信任状奉呈式」が、同日10年ぶりに東京駅から出発したという1枚です。

トップ写真に選ぶ基準は、

  • 「いま」「きょう」を伝える写真であること
  • 誰が見ても不快に当たらないこと
  • (なるべく)当日に撮影されていること

この3点です。

9文字までのキャプションをメンバーが独自に付け、掲出します。なるべく「見たまま」の見出しは避け、かわいらしさや面白さを出し、気の利いた言い回しになるよう考えています。

写真を変える時間は特に決まっていませんが、おおよそ8時ごろ、12時ごろ、15時ごろ、19時ごろ、22時ごろ。大きな事件や事故があったり、ニュース性の高いイベントや記者会見があったりする場合は、随時その写真を選んで出しています。

よりユーザーに興味を持ってもらえる写真は?

写真探しの旅は、Yahoo!ニュースの「写真」タブから

写真を探す際、編集部にはざっくりとした「鉄板」があります。

例えば今回話題になったシャンシャンのような動物もの。猫や犬など、人気の高い動物はやはり好まれる傾向にあります。

トップ写真の中で、最も選んでいるのは季節の1枚。写真から地域ならではの風物詩や、季節を感じてもらえるようなシーンは、「いま」を伝えるのにぴったりです。
春は「桜の開花」「入学式」、夏は「海開き」「たわわに実ったスイカ」、秋は「真っ赤に染まった紅葉」「秋サケ漁の解禁」、冬は「大掃除」「かまくら祭り」…。台風一過の朝は真っ青に晴れた空を、ひどく寒い日は着込んだ通勤客が歩く風景を、配信された写真の中で選びます。

例えば今の時期、年末は「来年の干支の置物作りが最盛期」といった写真を何度か掲出します。地域のワンシーンを取り上げることは、季節感とともに特産や伝統工芸を全国の人に伝える機会だとも感じています。

また、スポーツも関心の高い写真テーマのひとつ。例えば記録達成、珍プレー、胴上げ、引退会見、優勝トロフィーへのキス。甲子園の時期は球児らの喜びや感動、涙などを掲出します。

スポーツの中で特に人気が高いのはフィギュアスケートで、躍動感のある演技のワンシーンはまさに「鉄板」です。

シャンシャンのように「幸せ過ぎる」、つまり「ポジティブ」かどうかは選ぶ基準ではありません。時には国内の事件や事故、海外のテロの様子などもトップ写真にします。ニュース性が高い場合は、「幸せ過ぎる」写真と差し替えることも必要なのです。

影響力と責任の重さを感じる、福岡県筑前町の事例

2016年11月2日、西日本新聞社から配信されたある1枚をトップ写真にしました。それは、福岡県筑前町の収穫祭でお披露目された、ワラで作ったゴジラ。同年ヒットした映画「シン・ゴジラ」に引っ掛けた「ワラ・ゴジラ」というキャプションをつけて掲出しました。

すると、筑前町の広報担当者から西日本新聞社へ連絡があり、「Yahoo! JAPANに載ってますよ!」と、役場には問い合わせが相次いだそうです。人口約3万人の町に多くの人が関心を持ち、沖縄・大阪東京からも見物客が来たとのこと。「来場者が想像以上に多かったため、近くの田んぼや畑を臨時駐車場にするほどだった」と、ワラ・ゴジラフィーバーを伝える紙面で紹介されました。

Yahoo! JAPANのトップページにある写真の枠は、日本の「いま」、世界の「いま」を伝えるスペースです。筑前町のような好影響につながれば嬉しい限りですが、誰かを傷つけたり、悪影響を及ぼしたりしないよう、日々慎重に写真を選んでいます。

Yahoo! JAPANのトップ写真、ぜひチェックしてください

何気ないように見えますが、それぞれ想いを持って編集部が掲出しています。幸せ過ぎる1枚も、ニュース性の高い大事な1枚も、すべては「いま」「きょう」を伝えるワンシーンそのもの。ぜひ、Yahoo! JAPANを開いたときには見てもらえたらと思います。

お問い合わせ先

このブログに関するお問い合わせについてはこちらへお願いいたします。