森カズシゲ

【PR】「相手への過剰な期待」が落とし穴――共働き夫婦、円満のヒント

2018/1/16(火) 9:49 配信

共働き世帯は忙しい。互いに顔を合わせる時間が少なければ、ささいなことでけんかになることも。限られた時間の中で、家族がより通じ合える方法はないのか。共働き世帯のためのコミュニケーション術とは。

「業務連絡」しかできなかった

「日常会話なんて皆無でした。あの頃には戻りたくないですね……」

都内に住む太田幸夫さん(仮名、42)は顔を曇らせる。前職のゲーム会社に勤めていた10年ほど前、妻の恵子さん(仮名、42)はITエンジニアとして働いており、2人の息子は保育園に預けていた。通勤に1時間かかる恵子さんに対し、幸夫さんの職場は自宅から5分の距離。息子たちの送り迎えは、幸夫さんが担当することになった。

2001年に結婚した太田さん夫妻。長男と次男が年子のため、働きながらの家事・育児は夫婦にとって大きな負担になった(撮影:栃久保誠)

「夕方になると会社を抜け出し、保育園にお迎えに行っていったん帰宅。遅れて帰宅した妻に子どもたちを任せ、再び会社に戻っていました。深夜残業や休日出勤は当たり前、会社に泊まり込むことも少なくない職場だったので、1日のうちに妻と話せるのは子どもたちを引き渡すタイミングだけ。内容も、保育園からのお知らせなど必要最低限な『業務連絡』のみでした」

「けんかをする気力もなかった」という幸夫さん。家事を分担しようにも話し合う時間がない。恵子さんも「言ってもしようがない、と諦めていました」と当時を振り返る。お互い、不満を胸の内に溜め込んでいた。

2007年、恵子さんは転職。以前よりも時間に余裕ができた。夫婦で会話をする時間は増えたが、夫婦げんかも増えた。幸夫さんが変わらず忙しいままだったからだ。

「会話をしたくても聞いてもらえなかったり、『テーブルにペットボトルが置きっぱなし』といったささいなことが気になったり、以前よりストレスを感じるようになりました。私は物事を白黒ハッキリつけたいタイプなのですが、夫は曖昧なままでも気にしない性格。時間の余裕ができたことで、お互いの性格の違いを感じる機会が増えたのかもしれません」(恵子さん)

その後、幸夫さんは転職し、家族で休日を一緒に過ごせるようになった。子どもは2人とも中学生に。

「家族で会話をする機会が増え、けんかもだいぶ減りました。時間と心の余裕を確保することが、いかに大事かを知りました」と幸夫さんは振り返る。

自然な日常会話を交わせる余裕を確保したい(撮影:森カズシゲ)

「どうして自分だけ」が引き金に

結婚当初は感情をぶつけ合うだけだった夫婦げんかが、年月を経て「交渉の場」に変化しているという夫婦もいる。

山形市在住の田中詩織さん(仮名、35)は、夫(38)と小学生の娘(6)との3人暮らし。毎日の炊事や娘のお迎えなどは詩織さんが担当し、洗濯や掃除は夫が週末にまとめて行っている。夫婦で同じ出版社に勤めているが、繁忙期が異なるため、一方の残業や休日出勤が続けば「すべての家事・育児の負担が、もう一方の肩にかかる」(詩織さん)。

「PTA活動や学校行事などは日程が流動的なので、分担を決めず『忙しくないほうが行く』としています。ただ、学校の活動は夫婦間で引き継ぎしにくく、自然とどちらかばかりが行くようになってしまって……。お互いに『どうして自分だけが』という不満が募ると、けんかへ発展しがちなんです」

夫婦げんかはできるだけ避けたいが……(撮影:森カズシゲ)

そこで、どちらかが感情的になっているときは、「冷静になるまで2人とも話し合いを避ける」(詩織さん)という。頭が冷えてきた頃にどちらからともなく話し合いの場を持つ。

「話し合いの場で言いたいことを全部伝えられるよう、事前に自分の主張を書き起こしています。揉めごとを解決するための交渉の場になっていますね」

「他人同士」だと認め合う

クリエイティブ・ライフ 記事一覧(14)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。