栃久保誠

【PR】産後に深まる夫婦の溝――すれ違いを防ぐためにできること

2017/12/19(火) 9:44 配信

夫婦を深く結びつけるはずの出産で、逆に溝が深まることもある。産後、「同じ人とは思えないほど妻がイライラしている」「夫への愛情が薄くなった」という声も。精神的にも身体的にも大きく変化する妻と、それに取り残される夫。産後の夫婦関係が悪化してしまう背景と、その対策を考える。

産後、ここまで妻が落ち込むとは

「出産の翌日、病院から夫に電話をしながらボロボロと泣き崩れてしまいました」

川崎市在住の横田麻美さん(仮名・38)は、現在3歳になる息子を出産した後、不安定な精神状態に苦しんでいた。

「その電話では、息子の名前について話し合っていたんです。最初は普通に会話していたのに、夫が考えた名前を聞いて、『読みにくい当て字を使うなんて・・・・・・』と、気づいたら号泣していました。今になって考えると、そんなことで? と自分でも思うのですが、当時は不思議なほど悲しかったんですよね」

その後も、麻美さんの不安定さはどんどんエスカレートしていったという。産後すぐ、乳腺炎になったことも、それに拍車をかけた。ただでさえ、授乳で睡眠が細切れになりがちな時期。張りつめて熱を持った胸の痛みは「出産の痛みよりつらく、夜も眠れなかった」。

「息子のかわいさに幸せを感じる一方で、体のしんどさも手伝って、一度気持ちが落ち込むとなかなか立ち直れなくなっていました。夫が友人の結婚式を3次会まで楽しんで深夜に帰宅した日には、『あなたは赤ちゃんが生まれる前と何も変わらないかもしれないけど、私はこんなにも生活が変わってしまってつらい。もう無理』と、号泣して訴えました」と麻美さんは振り返る。

「一日の中でも16~17時ごろは、『たそがれ泣き』で赤ちゃんが特によく泣く時間帯。さらに沐浴、夕飯の準備などやるべきことも多く、特に気持ちが沈みがちでした」と麻美さん(撮影:森カズシゲ)

夫の俊之さん(仮名・40)は、そんな麻美さんに対して「妻が求めることや自分がすべきことがわからず、オロオロするばかりでした」と当時の心境を語る。妻の変化は想像を超えていた。

「妊娠中の妻は、どんどん大きくなるおなかやつわりがとても大変そうだったので、いたわるのは当然だと思っていました。でも、まさか産後にここまで落ち込んだり、心境の変化があったりするなんて・・・・・・」

その後、横田さん夫妻を救ったのは保育園だった。麻美さんは、産後すぐに「保活」をスタート。生後7カ月から息子を保育園に入れ、職場復帰した。仕事と育児の両立は大変だったが、精神的にはとても楽になったという。

「うちは何とか保育園に入れたからよかったけど、頑張って保活をしても、今の日本の状況では叶わないお母さんもいる。多くのお母さんがさらに追い込まれてしまうのでは」と麻美さんは語る(撮影:森カズシゲ)

「保育園に行けば、育児の悩みを先生に相談できるし、ママ友とも気軽に話せる。夫の遅い帰宅を待ちながら1人で育児をしていた頃よりも、ずっと心が軽くなりました。産後すぐのあの状況が続いていたらどうなっていたのかと考えると、ちょっと怖いですね」(麻美さん)

産後は、女性ホルモンの分泌量が激減する

産後の女性が精神的に不安定になるのは、決して珍しいことではない。順天堂大学産婦人科学講座の竹田省特任教授は、産前産後の女性の体内の変化をこう説明する。

産後うつや産後の夫婦関係の変化について語る順天堂大学産婦人科学講座の竹田省特任教授(撮影:中道薫)

「妊娠を継続するためには、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが多量に必要です。エストロゲンは通常、卵巣で作られますが、妊娠中はそれだけでは足りず、胎盤からも分泌されます。体内のエストロゲン分泌量は、妊娠していない時の50~100倍ほどです」

ところが、出産後30分以内に胎盤は体外へ排出され、体内で作られるエストロゲンが急激に少なくなる。「産後に起こるホルモンバランスの崩れは、こうしたエストロゲンの分泌量の激減によるものです」と竹田さんは言う。

エストロゲンは妊娠・出産だけでなく、女性の体内のあらゆる部分に関係する。特に産後の女性の精神状態を左右する脳内神経伝達物質「セロトニン」への影響が大きいという。

「セロトニンは、精神的な安定に欠かせない物質。産後、エストロゲンの分泌量が急激に減ることで、セロトニンの働きも低下するため、産後2週間以内に『涙もろくなる』『気分が変調しやすい』といった軽いうつ症状が現れます。これは疾患ではなく、誰もがなる『マタニティブルーズ』といわれる一時的な症状で、通常は2週間程度で自然に収まります」

クリエイティブ・ライフ 記事一覧(14)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。