林和也

【PR】共働き夫婦の家事・育児の偏りを「可視化」で解消できるか

2017/12/5(火) 9:47 配信

共働き世帯の家事や育児は、夫婦のどちらか一方に負担が偏ってしまうケースが少なくない。不公平感や不満を解消する方法の一つに、タスクの「可視化」がある。だが、可視化のアプローチによっては、逆に軋轢(あつれき)を生みかねないと専門家は指摘する。家事の可視化はどう進めればうまくいくのだろうか。

「見える化」で夫の行動が変わった

東京都在住の高橋順子さん(仮名、42)は、共働きの夫(40)、双子の長男・長女(14)、次男(8)の5人暮らし。互いにフルタイム勤務をしているにもかかわらず、結婚当初はすべての家事を順子さんが担っていた。

「夫は結婚するまで実家暮らし。家事能力の高い母親に、生活のすべてを頼りきって生きてきた人でした。やる気がないというより、何をすべきなのかがわからない、何をすればパートナーがラクになるのか気づけない、という感じでしたね。結婚初期に偏りを解消しようとしなかった私も悪いのですが、出産してもしばらくは家事も育児も私1人で回すワンオペ状態が続きました」

炊飯器の使い方や洗濯物の畳み方も分からなかった夫。結婚当初は家事を任せられず、順子さんが多くのタスクを抱え込んでしまっていたという(撮影:森カズシゲ)

長男・長女が生まれてから、夫も少しは家事・育児を「手伝う」ようになったものの、どこか他人事。双子が成長すると、塾の送り迎えや習い事の付き添いなど、1人では回しきれない量のタスクを抱え込む日が増えた。順子さんが分担を相談する前に夫が自分の予定を入れてしまうこともしばしばだった。

自分がいかに苦労しているか、本当は言わずとも気づいてほしい。しかし、それでは夫は改まらない。そこで順子さんは小さなホワイトボードを冷蔵庫に掲げ、家族の予定をすべて書き込むようにした。

「土曜日:長男/野球の試合、日曜日:長女/ピアノ、といった具合で、曜日ごとに子どもの予定を私が書いて、夫には平日の飲み会や週末の予定を書き込んでもらうようにしました。冷蔵庫に行くたびにそれをチェックして、新しい予定が入っていたら話し合う。見える化と呼べるほどのことではないのですが、夫は少しずつ家族の予定を気にしてくれるようになりました」

そのうち、夫の言動が変わってきた。子どもの予定が重なるときは、「僕が野球に付き添うから、ピアノのほうを頼むよ」と、自ら申し出るようになったのだ。

順子さんが平日の晩に会社の飲み会の予定を書き込むと、夫は予定を入れずに定時退社するように。そして、順子さんが帰宅する頃にはすべての家事を済ませていたという(イメージ:アフロ)

ペンのインクが切れる頃には、書き込むまでもなく直接互いの予定を確認するのが当たり前になり、協力し合う習慣ができた。今では、育児だけでなく家事に対する意識も変わり、夫は多くのタスクを買って出るようになったという。もう、ホワイトボードは必要なくなった。

「結局、私たちに足りていなかったのはコミュニケーションだったんですよね。かつて夫は毎日帰りが遅かったので、互いに伝えるべきことを言い忘れていたり、伝える機会がなかったり……。今にして思えば、私も伝わるような言い方をしていなかった。ホワイトボードに書き出すことで、やっと伝えるべきことが伝わったんだと思います」

15年間、妻の家事負担は8割超えのまま

かつての高橋さんのように、家事・育児の負担に偏りを感じている夫婦は少なくない。国立社会保障・人口問題研究所が発表した全国家庭動向調査(2013年)によれば、夫婦の家事の分担割合は妻の85.1%に対し、夫は14.9%。1990年代後半から2010年代にかけて共働き夫婦は急増しているにもかかわらず、夫の家事分担割合は1998年の調査(妻88.7%、夫11.3%)から3%ほどしか増えていない。

妻の年齢が60歳未満について集計。図中の数値は妻と夫の家事の合計を100としたときの分担割合を表す(出典/全国家庭動向調査2013年)

その背景には、男性の長時間労働など、根本的な社会問題もあるが、現実的にはそれぞれの夫婦で解決策を見いだしていくしかない。偏りに気づいてくれないパートナーに向けて、自らアクションを起こす人も増えている。「家事の見える化」は、その第一歩だ。

仕事の時間を作るための家事分担

東京都内の企業に勤める平田裕信さん(29)とフリーライターのさくらさん(30)は、雑誌の付録のタスク表を活用し、家事の見える化に取り組んだ。夫婦は、こうした既存のツールを使いながら家事と育児のタスクを洗い出し、互いに不満のない割合での分担をしている。

平田夫妻はタスク管理表を用いてToDoを振り分けると同時に、もっと効率のいいやり方はないかアイデアを出し合ったり、不満があれば伝え合ったりするようにしている(撮影:小野奈那子)

平田夫妻が意識的に家事を分担するようになったのは1年半前のこと。子どもができ、やるべきタスクが一気に増えたからだ。

クリエイティブ・ライフ 記事一覧(14)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。