森カズシゲ

【PR】就寝は同室か別室か――夫婦円満のための睡眠のかたちを考える

11/21(火) 9:36 配信

共働き夫婦は、一日のタイムスケジュールが異なりがち。就寝時間も例外ではなく、寝ている相手をうっかり起こしてしまうことも。とはいえ単に寝室を分けるだけでは、夫婦間コミュニケーションが不足する恐れがある。うまい落とし所はあるのか、快眠と夫婦関係を両立させる方法を探った。

同室にはこだわりたいけれど

東京都墨田区に暮らすITエンジニアの福田晃司さん(32)とコンサル企業に勤める桜子さん(30)は7年以上にわたって同室で眠っている。「別室は考えられない」と2人は言う。

2010年から同居を始めて以来、結婚・出産後もセミダブルサイズのベッドで一緒に眠る福田夫妻(撮影:栃久保誠)

「同室のメリットはスキンシップが取れること。寝顔や寝息で、相手が生きている気配を感じるのが大事だと思っています」と桜子さん。「経済的でもありますしね」と晃司さんもうなずく。夫婦の時間を持ちやすく、なにより安心して眠れる。

2017年に長女が誕生してからも、できるだけ3人で同じベッドに眠るようにしている。早めに床に入る桜子さんと、夜遅くまで起きている晃司さんの就寝時刻にはズレがあるものの、今のところ睡眠ストレスは感じていないという。

「夫が家事をしてくれるので、私は昼寝をする余裕がある。もし彼が産休を取得していなかったら、睡眠時間を削って家事・育児をすることになり、不満が溜まったと思います」と話す桜子さん (撮影:栃久保誠)

現在は授乳のために寝室は常に小さな明かりが灯っているが、どこでも熟睡できる晃司さんに不満はなく、桜子さんも昼寝で寝不足を解消している。

さらに、福田夫妻はそろって育休中だ。家事・育児の分担はもちろん、夫妻が同じペースで生活できることも睡眠をとりやすい一因になっている。ただ、夫妻は来年3月に育休を終える。桜子さんは不安をのぞかせる。

「育休を取得するまでは、家電を活用して家事の負担を減らし、お互いの睡眠時間を確保してきました。復帰後はベビーベッドを導入して、また夫婦2人で眠れたらとは思いますが、まだ何も準備できていません」

夫婦同室で眠る妻の6割がストレスを感じる

とりわけ共働きの世帯では、出勤や帰宅、食事の時間はもちろん、起床や就寝などのタイミングもずれがちだ。不動産・住宅サイト「SUUMOジャーナル」が2017年7月に行った「夫婦の暮らし方に関するアンケート」によれば、夫の35.1%、妻の62.7%が、夫婦が同室で眠るときにストレスを感じ、その理由の1位が「いびきがうるさい」(47.8%)、2位が「就寝時間や起床時間の違い」(30.0%)となっている。

睡眠コンサルタントの友野なおさんはこう話す。

科学的な行動療法からの睡眠改善、快眠を促す寝室空間づくりを得意とする友野なおさん。「最もストレスを感じやすい『いびき』予防は、市販のいびき防止専用のテープやマウスピースなどを使うと効果的です。また、仰向けで眠るといびきをかきやすいので、横向きで眠るのがおすすめ。寝る前のアルコールもいびきの原因になりやすく、飲むタイミングを夫婦で話し合うといいですね」と話す(撮影:栃久保誠)

「特に妻が常勤、夫が交代勤務の場合は妻に負担がかかりやすく、結果的に夫婦の不和につながりかねません。臨機応変に寝室を分けられるのが理想ですが、難しい場合は先に寝ているパートナーを起こさないように、『音』と『光』に注意してください。例えば、人は、電気のスイッチがカチッと鳴る45デシベル程度の音でも覚醒反応が起こるレベルといわれています。また、睡眠中もまぶたを通して光を感知しており、脳に影響します。パートナーが寝ている場合は、図書館レベルの静けさを保ち、そばでテレビや照明をつけないように意識しましょう」

もちろん、同室で眠ることはデメリットばかりではない。上手にストレスを軽減できれば、「睡眠の質から見て、一緒に眠るメリットは大きい」と友野さんは言う。

「夫婦関係が良好なら、相手の温もりに触れる安心感は熟睡につながります。高級な寝具や素晴らしい環境よりも、本人が心からリラックスすることのほうが重要なのです。また、2人で眠ることは睡眠障害を発見するきっかけにもなります。なかでも『睡眠時無呼吸症候群』は多くの疾病を引き起こす重大な睡眠障害で、早期発見が大切です。パートナーに『息がしばしば止まる』『いびきが大きすぎる』『寝言がはっきりしている』『眠りながら動き回る』などの症状が見られたら、すぐに医療機関を受診してください」

寝室を分けて快適に

一方で、同室だった寝室を別室に変えた夫婦もいる。

東京都品川区の3LDKのマンションに暮らす共働きの戸高夫妻。飲食店を営む夫の雄平さん(33)は、日付が変わってからの帰宅が当たり前。妻の彩さん(41)と4歳の娘が物音で起こされることもしばしばだったが、1年前までは8畳の洋室に布団を敷き3人で眠っていた。別室に変えたきっかけは、娘の風邪だった。

2010年から同居し、結婚・出産後も同室で眠ってきた戸高家。しかし、子どもの睡眠状況が気にかかり……(撮影:小野奈那子)

「夫へうつさないよう、私と娘は別室で眠ることに。娘は広々としたスペースのおかげか、熟睡していました。以来、寝室を別にしたんです」と彩さんは言う。

現在、雄平さんは洋室に、彩さんと子どもは6畳の和室に布団を敷いて眠っている(撮影:小野奈那子)

寝室を分けたのは、もちろん夫婦にとってもメリットがあったからだ。「別室にしてから、途中で目が覚めることが減った」と2人は口をそろえる。雄平さんは、「一緒に眠り始めた当初は、いびきも気になると言われていましたね。夜中のトイレの出入りでお互いに起きてしまうこともありました」と振り返る。

「僕が店を閉めて帰る頃には家族は寝ていて、会えないのがさみしい。だから、妻がLINEで娘の写真を送ってくれるのはうれしいですね。妻は店を手伝ってくれるので共通の話題も多いし、よく2人で話もします。寝室を分けてからも、週に一度は一緒に眠っていますよ」(雄平さん)

カギは「情緒的サポート」にあり

夫婦間のコミュニケーションをいかにとるか(撮影:森カズシゲ)

寝室が同室か別室かにかかわらず、忙しい共働き世帯の夫婦の会話は減りがちだ。つまり、「夫婦間のコミュニケーションが情報共有と課題解決を担う「ホウレンソウ」に偏り、情緒的サポートがおざなりになりやすい。結果として、セックスレスになる夫婦も少なくありません」と、パートナーシップ&ペアレンティングアドバイザーの林田香織さんは言う。

子育てと仕事の両立やお互いの関係に悩む夫婦を年間3000人以上サポートしている林田香織さん(撮影:中道薫)

情緒的サポートとは、夫婦のコミュニケーションの機能の一つ。夫婦の何気ない会話やスキンシップなど、共感や愛情を提供する機能をさす。夫婦のコミュニケーションには、情緒的サポートを含め3つの機能があるという。

(監修/林田香織さん)

「ただし、人同士のコミュニケーションは声のトーンや表情、しぐさなど言葉をともなわないものが、その9割を占めます。そのため、寝室が同室であれば、無意識のうちにコミュニケーションを取り続けられるわけです」

忙しくて満足に会話ができない日常の中でも、寝室を同室にすることで、情緒的サポートを強める環境を得られるのだ。

「別室の場合はそのチャンスは減りますが、かといって不和の原因になるとは限りません。寝室を分けても、日頃から情緒的サポートを意識して暮らせば、夫婦円満を保つことは可能ですよ」

雑談やSNSを効果的に

最もオススメなのは「雑談」だという。

「子どもの話、共通の趣味の話など、どんなことでも構いません。ちなみに、男女が一日に話す量は、女性は2万語、男性は7000語といわれます。女性は結論のない話でも吐き出すことが重要。男性は少し我慢して聞いてあげましょう。他にも、ボディータッチやキスをする、2人でお茶を飲む、一緒に家事をするといったことでも情緒的サポートは達成できます」

また、寝室が別でも円満の家庭は、SNSを上手に使っているケースが多いという。

「夫婦のホウレンソウはLINEやFacebookで済ませ、家ではそれをテーマにした会話をすれば、限られた時間の中でも情緒的サポートが強まります」

互いのスケジュールをカレンダーアプリで共有する夫婦もいる。「たとえば、スケジュールのタイトルを『次のデート、このお店どう?』と会話風にして共有し、説明欄にお店のURLを貼るというもの。家では『あのお店いいね』というところから話が始まりますよ」と林田さん。育児中なら、子どもの予防接種といったスケジュールも共有できる。

「大切なのは、夫婦の“共感”を高めること。戸高家のように子どもの写真をLINEで送るのも良いアイデアです」と林田さんはうなずく(撮影:中道薫)

「お互いの情緒的サポートが強まると、夫婦仲が良くなるだけでなく、課題解決機能も効果的に働き始めます。夫婦2人で、どんな課題も乗り越えられる傾向にあるのです。さらに、ある調査では、夫婦間の情緒的サポートが強いほうが、妻の家事・育児に対する負担感が低いこともわかっています」

情緒的サポートを意識して夫婦の絆を強めるメリットは大きい。

眠りの準備も心がける

同室派か別室派かにかかわらず実践できる、安眠のテクニックもある。

「出かける前に身支度をするように、眠る前にも“おやすみ支度”を。翌朝に実感できるほど睡眠の質が変わります。実は、帰宅してから就寝まで、仕事や日常のことから心理的に距離をとり、交感神経から副交感神経に切り替わり、体や心が眠りに入っていくためには最低90分は必要といわれています。その間にしっかりと“おやすみ支度”を行いましょう。体や心だけでなく、環境を整えることも大切な支度の一つです」(睡眠コンサルタント・友野さん)

(監修/友野なおさん)

共働き世帯は就寝前もバタバタしがち。だが、「睡眠スタイルを改善したら、同量の仕事をこなしながら残業がなくなった例もある」と友野さんは話す。睡眠は脳のパフォーマンスに直結する。ビジネススキルの一つとしても、末長く夫婦円満で健康に暮らすためにも、熟睡できる家族の睡眠スタイルについて、今夜から探ってみてはどうだろうか。

取材・文:矢口あやは
編集・制作:ノオト
[写真]
撮影:森カズシゲ 栃久保誠 小野奈那子 中道薫
イメージ:アフロ
[図版]
藤田倫央


シリーズ連載企画「クリエイティブ・ライフ」
sponsored by パナソニック株式会社
共働き世帯が抱える課題はさまざま。毎日忙しい中でも仕事や家庭生活を充実させたい――。連載「クリエイティブ・ライフ」では、共働き世帯の日々の暮らしや人生をよりよくするクリエイティブなアプローチを探っていく。本連載の提供は、2018年に創業100周年を迎えるパナソニック。100周年スペシャルサイトはこちら

本企画についてのアンケートにご協力ください
アンケートの回答にはYahoo!クラウドソーシングへの利用登録が必要です。アンケートは上限件数に達すると自動的に終了いたします。ご了承ください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。