森カズシゲ

【PR】就寝は同室か別室か――夫婦円満のための睡眠のかたちを考える

2017/11/21(火) 9:36 配信

共働き夫婦は、一日のタイムスケジュールが異なりがち。就寝時間も例外ではなく、寝ている相手をうっかり起こしてしまうことも。とはいえ単に寝室を分けるだけでは、夫婦間コミュニケーションが不足する恐れがある。うまい落とし所はあるのか、快眠と夫婦関係を両立させる方法を探った。

同室にはこだわりたいけれど

東京都墨田区に暮らすITエンジニアの福田晃司さん(32)とコンサル企業に勤める桜子さん(30)は7年以上にわたって同室で眠っている。「別室は考えられない」と2人は言う。

2010年から同居を始めて以来、結婚・出産後もセミダブルサイズのベッドで一緒に眠る福田夫妻(撮影:栃久保誠)

「同室のメリットはスキンシップが取れること。寝顔や寝息で、相手が生きている気配を感じるのが大事だと思っています」と桜子さん。「経済的でもありますしね」と晃司さんもうなずく。夫婦の時間を持ちやすく、なにより安心して眠れる。

2017年に長女が誕生してからも、できるだけ3人で同じベッドに眠るようにしている。早めに床に入る桜子さんと、夜遅くまで起きている晃司さんの就寝時刻にはズレがあるものの、今のところ睡眠ストレスは感じていないという。

「夫が家事をしてくれるので、私は昼寝をする余裕がある。もし彼が産休を取得していなかったら、睡眠時間を削って家事・育児をすることになり、不満が溜まったと思います」と話す桜子さん (撮影:栃久保誠)

現在は授乳のために寝室は常に小さな明かりが灯っているが、どこでも熟睡できる晃司さんに不満はなく、桜子さんも昼寝で寝不足を解消している。

さらに、福田夫妻はそろって育休中だ。家事・育児の分担はもちろん、夫妻が同じペースで生活できることも睡眠をとりやすい一因になっている。ただ、夫妻は来年3月に育休を終える。桜子さんは不安をのぞかせる。

「育休を取得するまでは、家電を活用して家事の負担を減らし、お互いの睡眠時間を確保してきました。復帰後はベビーベッドを導入して、また夫婦2人で眠れたらとは思いますが、まだ何も準備できていません」

夫婦同室で眠る妻の6割がストレスを感じる

とりわけ共働きの世帯では、出勤や帰宅、食事の時間はもちろん、起床や就寝などのタイミングもずれがちだ。不動産・住宅サイト「SUUMOジャーナル」が2017年7月に行った「夫婦の暮らし方に関するアンケート」によれば、夫の35.1%、妻の62.7%が、夫婦が同室で眠るときにストレスを感じ、その理由の1位が「いびきがうるさい」(47.8%)、2位が「就寝時間や起床時間の違い」(30.0%)となっている。

睡眠コンサルタントの友野なおさんはこう話す。

科学的な行動療法からの睡眠改善、快眠を促す寝室空間づくりを得意とする友野なおさん。「最もストレスを感じやすい『いびき』予防は、市販のいびき防止専用のテープやマウスピースなどを使うと効果的です。また、仰向けで眠るといびきをかきやすいので、横向きで眠るのがおすすめ。寝る前のアルコールもいびきの原因になりやすく、飲むタイミングを夫婦で話し合うといいですね」と話す(撮影:栃久保誠)

「特に妻が常勤、夫が交代勤務の場合は妻に負担がかかりやすく、結果的に夫婦の不和につながりかねません。臨機応変に寝室を分けられるのが理想ですが、難しい場合は先に寝ているパートナーを起こさないように、『音』と『光』に注意してください。例えば、人は、電気のスイッチがカチッと鳴る45デシベル程度の音でも覚醒反応が起こるレベルといわれています。また、睡眠中もまぶたを通して光を感知しており、脳に影響します。パートナーが寝ている場合は、図書館レベルの静けさを保ち、そばでテレビや照明をつけないように意識しましょう」

もちろん、同室で眠ることはデメリットばかりではない。上手にストレスを軽減できれば、「睡眠の質から見て、一緒に眠るメリットは大きい」と友野さんは言う。

「夫婦関係が良好なら、相手の温もりに触れる安心感は熟睡につながります。高級な寝具や素晴らしい環境よりも、本人が心からリラックスすることのほうが重要なのです。また、2人で眠ることは睡眠障害を発見するきっかけにもなります。なかでも『睡眠時無呼吸症候群』は多くの疾病を引き起こす重大な睡眠障害で、早期発見が大切です。パートナーに『息がしばしば止まる』『いびきが大きすぎる』『寝言がはっきりしている』『眠りながら動き回る』などの症状が見られたら、すぐに医療機関を受診してください」

寝室を分けて快適に

一方で、同室だった寝室を別室に変えた夫婦もいる。

東京都品川区の3LDKのマンションに暮らす共働きの戸高夫妻。飲食店を営む夫の雄平さん(33)は、日付が変わってからの帰宅が当たり前。妻の彩さん(41)と4歳の娘が物音で起こされることもしばしばだったが、1年前までは8畳の洋室に布団を敷き3人で眠っていた。別室に変えたきっかけは、娘の風邪だった。

クリエイティブ・ライフ 記事一覧(14)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。