川島小鳥

アメラジアンの子どもたち 沖縄で2つのルーツと向き合う

2015/12/25(金) 12:00 配信

“アメリカ人とアジア人の間に生まれた子ども”を指す言葉「アメラジアン」。沖縄では年間約300人が生まれており、その多くは在日アメリカ軍に所属している男性と日本人女性の間に生まれた子どもたちといわれている。その沖縄に、“アメラジアンのための教育”を行っているフリースクールがある。「アメラジアンスクール・イン・オキナワ」だ。
(Yahoo!ニュース編集部)

写真:川島小鳥

日本国内に点在する米軍基地の約75%を抱える沖縄。宜野湾市は、街の中央に普天間飛行場を抱える「基地の街」だ。その街にアメラジアンの学校がある。

アメラジアンの子どもの多くは公立の小中学校に通う。しかし中には“アメラジアン”ゆえに公立校への通学が困難な子がいる。



例えば、アメラジアンとして生まれて米軍基地内の学校で英語の授業を受けていても、両親が離婚して母側が子どもを引き取ると、その子はそれまで学んでいた学校での無償教育の機会を失う。裕福な家庭ならば、変わらず基地内の学校に通学したり、授業料の高いインターナショナルスクールに入れることもあるが、そうでない場合には、子どもたちは日本語での教育を受けないまま、日本の学校に編入することとなる。そこで待ち受けているのは、馴染みの薄い日本語での学習と、言葉や外見の違いから生じる孤立感。そんな状況の中で学校に通わなくなり、そのまま日本での教育の機会を失ってしまう。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。