塩田亮吾

南スーダン「決して楽観はしない」―― 自衛隊トップに聞く

2017/3/10(金) 16:15 配信

南スーダンのPKOに派遣されている陸上自衛隊部隊の「日報」が国会論戦の焦点となった。日報には現地で「戦闘」があったことが記録されており、「PKO参加5原則」が崩れているのではないかという議論だ。南スーダンの状況を現場はどう捉えているのか。安全保障関連法の成立から約1年半。自衛隊の海外派遣や日米同盟、周辺国との緊張関係など、安全保障をめぐる難しい局面を自衛隊トップである統合幕僚長・河野克俊氏に聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。