TAKEZO

高級マグロに賭ける―壱岐・勝本ブランド確立へ漁師の執念

2017/1/20(金) 10:10 配信

マグロの代名詞と言えば、青森県大間の港に水揚げされる「大間マグロ」。2017年1月5日。新春の風物詩となった東京都中央卸売市場(築地市場)のマグロの初競りの主役も、やはり大間だった。
しかし、ここ数年、高品質のマグロのブランドとして定着しつつある地域がある。それが長崎県の離島、壱岐だ。地域の名声をマグロに託し、初競りという舞台で「日本一」を目指すマグロ漁師たち。一攫千金だけではない、マグロに賭けた壱岐の男たちのブランド確立までの物語。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

ルポ・現場を歩く 記事一覧(25)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。