工藤了

創作の源は「怒りのパッション」 脚本家・倉本聰が語る令和のメッセージ

5/30(木) 7:57 配信

脚本家・倉本聰さん(84)の創作意欲の源は「怒り」である。いま趣味的に取り組んでいるのは、江戸時代の大衆芸能をアレンジした社会風刺の歌づくり。本業のテレビドラマでは、現在放送中の「やすらぎの刻(とき)~道」に失われた「日本の原風景」への思いを託した。「それが僕を長生きさせている」と笑いながら語る倉本さんは、令和を迎えたいまの時代をどう見ているのか。北海道・富良野の倉本さんのアトリエで、大いに語ってもらった。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。