橋本江

「親戚は全て離れていきました」――元ハンセン病患者の女性が向き合った差別と時代

1/8(火) 8:14 配信

「自分の家族のこと、たいへん素敵だと思っているんですよ。絆がバッチリできている」。激しい差別に苦しんできた元ハンセン病患者の女性は、そう言い切れる喜びを心から感じているという。いわれなき差別、思いもかけぬ事故、消えぬ戦争の傷あと……。平成の終わりが近付いても、昭和から続く時間の中で多くの人が「いま」と向き合っている。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。