田之上裕美

「母のおかげで得た出会いが今の自分を作っている」――震災遺児“あの朝”からの出発

1/4(金) 8:26 配信

東日本大震災は言うに及ばず、「平成」は自然災害の時代だった。阪神・淡路大震災のとき、3歳で母を亡くした男性はいま、27歳。「もちろん悲しい出来事だったけど、震災がなかったら出会ってなかった人もいる」と言い、ビジネスとボランティアの世界で走り回る。自然災害に限らず、この30年間で多くのものが消え、変わり、生まれた。そんな渦中にいた人々がそれぞれの「平成」を語った。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。