笹島康仁

海の向こうは北朝鮮 ――砲撃された韓国・延坪島の“日常と平和”

2018/10/5(金) 6:39 配信

もしも北朝鮮から攻撃を受けたら、どうなるのだろうか――。それが現実になった島がある。韓国北西部に浮かぶ延坪島(ヨンピョンド)。8年前の2010年11月、北朝鮮から砲撃を受け、民間人に死者も出た。その後、島には新たな軍事施設ができ、兵士の数も増えた。そんな島に人が住み続けるのは、なぜだろう。南北や米朝の首脳会談が続いていたこの夏、島に足を運ぶと、北朝鮮に故郷を持つ島民もたくさんいた。郷里を思いながら海辺の町で穏やかに過ごす人々、兵役中の息子との再会を喜び合う家族、北朝鮮の見える砂浜で海水浴を楽しむ子どもたち……。「脅威」「圧力」だけでは語り尽くせない、日本からは見えない「国境」の姿があった。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

ニュース報道 記事一覧(64)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。