Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤浪を早く勝たせるには打線よ。巨人のパーラが序盤戦では最高や【岡田彰布のそらそうよ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

監督目線で言えば性格のいい助っ人はいらん

藤浪を早く勝たせるには打線よ。巨人のパーラが序盤戦では最高や【岡田彰布のそらそうよ】

巨人は岡本の成長で、外国人の補強ではチャンスメーカーで、勝負強い選手を獲得すればよかったけど、パーラはまさにその人選でハマったよね/写真=BBM

 まずは阪神・藤浪晋太郎のことから。先週号でも取り上げたよな。一軍に上がってから2試合に先発。確実によくなっている。デビュー当時の姿に戻ってきている。だが勝てない。目の前に、勝ち星がチラつている。そして8月5日、甲子園での巨人戦。藤浪は今シーズン3度目の先発のマウンドに挑んだ。  オレは放送席にいた。解説の仕事だった。アナウンサーの「今夜のポイントは?」の問いかけに「藤浪、この一点!」と答えた。それしかない。藤浪VS巨人打線……というよりは、いかに藤浪が自分のピッチングができるか。できれば巨人打線を抑えるに違いない。オレはそんな予想をしていた。  素晴らしい内容だった。ストレートの威力は十分で、スライダーが切れ、フォークボールがいいところから落ちた。1点は与えたけど、藤浪は崩れない。だから早く打線の援護が必要なのに、相手投手の戸郷(戸郷翔征)もすごかった。なんなんやろな。こんな巡り合わせになっているのか。藤浪に援護はなく、最後、辛抱し切れず、自らのミスから致命的な失点となった。  これだけのピッチングで勝てない……ですむ話ではない。とにかく打線よ。藤浪を早く勝たせるには得点力を上げるだけ。ポイントはズバリ、クリーンアップよ。「そういうことで、今週は外国人特集なので、新助っ人についてお願いします」と編集担当のS君。開幕から2カ月近く、新外国人の力の差がはっきりしてきたわけで、オレなりに評価してみることにした。  とにかく新しい外国人選手を獲得するのは、ホンマ、ギャンブル的要素が・・・

本文:2,163文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール