Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明豊に追加点 二回、宮川の適時打で2点 県岐阜商突き放す センバツ交流試合

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 ◇2020年甲子園高校野球交流試合 明豊―県岐阜商(11日・甲子園)  先発は、明豊が最速144キロの直球を軸とした攻めの投球を見せるエースで主将の左腕・若杉、県岐阜商が速球に多彩な変化球を織り交ぜる左腕・野崎。 【写真で見る】投打の注目選手  明豊は一回表2死、センター前ヒットで出塁した3番・布施が、4番・小川のライト線へのタイムリーツーベースで一気に生還。先制点を挙げた。  二回表には、中尾のセンター前ヒットなどで2死二、三塁とし、宮川がレフトへタイムリーヒット。さらに2点を加えた。  ◇布施、帽子に刻んだ憧れの名前  先制のきっかけを作った明豊の布施。理想の打者は米大リーグ・アストロズのアルテューベで、帽子のつばにその名前を書き込んでいる。自宅倉庫には大工の父親が作ったティー打撃の練習場所があるといい、試合に向けて振り込んできた。  ◇全16試合をライブ中継  ニュースサイト「毎日新聞」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)と「Yahoo!JAPAN」が運営する「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)で展開する「センバツLIVE!」では、センバツ交流試合の全16試合をライブ中継します。センバツLIVE!は、パソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも無料でお楽しみいただけます。勝負の裏側に迫った最新のニュースや写真特集など、試合の情報が盛りだくさんです。センバツ交流試合にどうぞご注目ください。

【関連記事】