Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第47回 ルーキー監督 vs 先の読めないプロ野球|「対決」で振り返るプロ野球史

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

ペナントレース最高勝率チームが優勝としたことがかえってポストシーズンと乖離の皮肉

第47回 ルーキー監督 vs 先の読めないプロ野球|「対決」で振り返るプロ野球史

2004年のプレーオフ元年、ペナント2位の西武がプレーオフでソフトバンクを下してリーグ優勝となった

 この連載も、ダルビッシュ有が、メジャーに旅立った2011年まで話が進んだから、いまは、現代野球の真っただ中。今回からは、筆者なりに考える現代野球のあるべき姿を示しながら書き進めたい。  21世紀に入ってから特徴的なことは、ルーキー監督が1年目で即ペナントを手中にするケースが多いことである。そのまま日本一監督となった場合もかなりある。いや、ペナントを手にできなくても日本一監督となったルーキー監督さえ現れた。  2001年、パ・リーグは就任2年目の梨田昌孝監督率いる近鉄が優勝したが、前年最下位からの一気のV。現代野球は、不確実性の時代に入ったのか、という印象を筆者は抱いた・・・

本文:2,169文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます