Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

わが人生、最悪の30分【川口和久のスクリューボール】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

川口家崩壊の危機……

わが人生、最悪の30分【川口和久のスクリューボール】

31日のお立ち台。プロ初勝利の大江を原監督が祝福

 あれは、わが人生でも最悪の30分だったかもしれない。ほんと、すべて終わったと思った……。  朝、起きるとノドがパンパンに腫れ、声が出なくなった。息苦しいし、頭も痛い。熱を測ったら39度4分だ……。ひょっとすると、いや、絶対、コロナだと思った。  すぐ保健所に電話をしてから近くの病院に行き、検査のため綿棒で鼻の中をぐりぐりされた。  そこから結果が出るまで30分。いろいろなことを考えた。死ぬとは思わなかったが、「このまま入院になるんだろうな」「家族も感染したかもしれない」「ソフトバンクの長谷川勇也みたいに一面じゃないだろうが、新聞の六面くらいには書かれるんだろうな」「仕事もなくなるかもしれない」「家族が自粛警察にいじめられるかも」……とかね。  自分の行動も振り返った。  正直、俺は絶対にかからないと思っていた。いつもマスクをしていたし、夜の街にも行ってない。マイ消毒液を持って、なんにでもシュッシュッとかけていた。それでも何か感染するようなことがあったのかな。あのときか、いや、もしかしたらあれかもって。  だから、その後、「川口さん、陰性でしたよ」の一言は、本当にうれしかったし、ドクターが神様に見えた。ちなみにこのドクター、松浦さんという方で、巨人ファンだそうです。  まあ、この話で1回分書いてもいいのだが、俺はしょせん「六面の男」だから、このくらいにしておこう。  今回は、巨人のトレードについて書いてみたいと思う。楽天から7月に入って移籍してきた高梨雄平が・・・

本文:1,421文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール