Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プラカード、四国3校分を揮毫 名西高書道部「堂々、力強い字に」 /徳島

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 <センバツ2019>  3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会を前に、県立名西高(石井町石井)の書道部が、四国の出場3校のプラカードを揮毫(きごう)した。  名西高は「書の甲子園」として知られる第27回国際高校生選抜書展の団体部門で、四国地区優勝を果たしたことを受け、大会事務局から校名書きを依頼された。松山聖陵(愛媛)と高松商(香川)、富岡西の3校分を担当した。  書道部顧問の板東亜美教諭(25)らが、部員29人から部長の内田志乃さん(17)ら3人を選んで担当させた。板東教諭は「プレッシャーを感じず、自信を持って力強い堂々とした字を書くように」と指導。富岡西の字を担当した笠井柚季さん(17)は「起筆の部分を力強く書き、字の太さや全体のバランスを意識した。富岡西には優勝を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。【岩本桜】

【関連記事】