Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「あと一本出ず、流れつかめなかった」 白樺学園・戸出監督 交流試合

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 2020年甲子園高校野球交流試合は最終日の17日、第3試合で白樺学園(北海道)が3―8で山梨学院(山梨)に敗れた。白樺学園の戸出直樹監督は「あと一本が出ず、流れがつかめなかった」と語った。戸出監督の談話は以下の通り。 【交流試合最後の熱闘】山梨学院VS白樺学園  ◇山梨学院はうまさがあった  (前日に勝った)帯広農とは同じ宿舎だった。選手たちには「今度はお前たちの番だ」と話していた。北海道勢に流れが来ていると相手は嫌な感じがしているだろうから初回からしっかりやっていこうと。ただ、走者を出しながら、あと一本が出ず、なかなか流れがつかめなかった。山梨学院はチャンスに畳み掛けてくるうまさがあった。  (五回無死一、三塁から右直で併殺)三塁走者が打球を見失い、外野手が捕る前にスタートしてしまった。そのため、ベースコーチが途中で止めた。  (5投手の継投など)勝ちにこだわるのか、交流試合を楽しむのか、選手たちにはっきり言ってやれなかった面はあったかもしれない。

【関連記事】