Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まさか現役選手が感染するとは。阪神・矢野監督の苦悩は察する【岡田彰布のそらそうよ】

配信

週刊ベースボールONLINE

新型コロナの影響で体が元に戻ることが心配

まさか現役選手が感染するとは。阪神・矢野監督の苦悩は察する【岡田彰布のそらそうよ】

阪神の3選手から新型コロナ感染者が出てしまった。矢野監督の苦悩はよく分かるよ。だけど今は開幕に向けすべてフラットな状態にして、臨んでほしいと思うわ/写真=小山真司

 ショックです。大ショックです。ホンマ、言葉が出ない。コメディアンの志村けんさんの死です。ホンマ、新型コロナウイルスが憎いよ。  勝負の世界で生きてきた身で、ホッとひと息つけるのが“お笑い”でした。大阪生まれで、もともとお笑いにはうるさいほうです。そんな自分を楽しませてくれたのがドリフターズであり、志村さんやった。吉本新喜劇、笑点、ドリフターズが笑いの定番。結婚してからもゲームが終わり、自宅に戻ると、夜中、お笑い番組を見て、頭をカラッポにしてた。妻が気を利かせて、オレの好きそうな番組を録画してくれました。監督時代もそう。負けて悔しくて、家に帰る。そこで妻が選んで録画してくれたビデオを見る。自然に笑いがこみ上げてくる。志村さんには、ホンマ、何度も助けられた。そんな思い出が残ります。 ◎  2カ月前。中国・武漢で新型コロナウイルスが発生。そのときはまさに他人事。ニュースで知り、「中国は大変やな」なんて感覚やった。まさか世界が、日本が危機に見舞われることなんて、予想もしなかった。志村さんが亡くなったことで、より身近に感じるようになり、それはついに野球界にまで広がった。  プロ野球で初めて現役選手の感染が発表された。それが阪神で起きた。球団から発表されたのは藤浪(藤浪晋太郎)、伊藤隼太、長坂(長坂拳弥)の3人。これは球界関係者として衝撃やった。まさか……である。若年層の感染率は低い……というデータが覆されたことになる。そして体力があり、抵抗力があると信じていた現役の選手でも、こうやって簡単に感染するのだ、という事実。より一層、切実感が迫ってきたわけよ。  野球選手をはじめ、アスリートにはケガ、故障はつきもので、これにどうやって付き合っていくかは、永遠のテーマだが、オレも現役時代、多くの故障にあった。でもカゼやインフルエンザとかには、ほとんどかかったことはない。「そんなもん、気合で吹き飛ばせ!」なんて、前時代的なフレーズがまかり通ったころやったけど、今の新型コロナウイルスは、気合ではどうにもならない・・・

本文:2,308文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール

    週刊ベースボールONLINEの有料記事

    PayPay残高使えます