Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

変化球誌上レクチャー 中日・岡田俊哉『スライダー』「打者の手元で小さく曲がるスライダーが理想です」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

リリーフ投手としてチームを支えるサウスポー。勝負球は昔も今もキレ味抜群のスライダーだ。曲がり具合はその日の状態で違うが、それが武器でもある。 取材・構成=牧野正 写真=榎本郁也 協力=中日ドラゴンズ  スライダーを投げ始めたのは中学3年生のころです。投げたらたまたま曲がったので使い始めたのが、きっかけでした。特に誰かのスライダーをマネしたわけではありません。ほかの変化球が今ひとつで、自信を持って投げられる変化球がスライダーだけだったということだと思います(笑)。でもそれで磨きがかかったかもしれません。  キレがあるとよく言われますが、大きく曲がっているだけで、自分でキレがあるとは思っていません。その曲がり具合というのも、その日の指の掛かり次第なんです。僕の場合、日によって大きくなったり小さくなったりするので、その日の指の感覚というものを自分でしっかりとブルペンで確かめ、把握してからマウンドに上がっています。  スライダーと言えば・・・

本文:1,022文字

写真:4
  • 変化球誌上レクチャー 中日・岡田俊哉『スライダー』「打者の手元で小さく曲がるスライダーが理想です」
  • 【Front】人さし指と中指をそろえて縫い目に掛け、親指でロックして持つ
  • 【Side】しっかりと握るが、力を入れ過ぎないように。小指と薬指はリラックス
  • 変化球誌上レクチャー 中日・岡田俊哉『スライダー』「打者の手元で小さく曲がるスライダーが理想です」

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊ベースボール