Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天理・下林主将、やっぱり「甲子園ってすごい」 センバツ交流試合

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 2020年甲子園高校野球交流試合は第2日の11日、第1試合で広島新庄(広島)が天理(奈良)に4-2で逆転勝ちした。天理の下林源太主将(3年)は試合後、「良い球場でやらせて頂いた。甲子園ってすごいところだな、と足を踏み入れてしみじみ思った」と特別な時間を振り返った。下林主将の主な談話は以下の通り。 【写真】白スパイクで臨む天理の選手たち  ◇「球場にのみこまれたというか」  最後に甲子園で、良い球場でやらせて頂いて、本当に恵まれた学年だな、と自分たちは思っている。勝ち負けはこういう形になったが、本当に3年生はじめ全学年がやりきれた一試合になったと思う。  今までは優勢で試合運びできたが、今日は球場にのみこまれたというか、そういう部分もあった。しかし、後半は「自分たちの野球をしよう」という声かけもあったので、守るところはしっかり守れた。良い部分も悪い部分も出た。今後に生かしたい。「甲子園ってすごいところだな」と、足を踏み入れてしみじみ思った。

【関連記事】