Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外国人選手のピースがハマった中日。Aクラスは十分行けます【大島康徳の負くっか魂!!】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

Bは気持ちの維持が課題に

外国人選手のピースがハマった中日。Aクラスは十分行けます【大島康徳の負くっか魂!!】

中日は、Y.ロドリゲス[右]ら、外国人選手がチームの要所にハマり、与田剛監督[左]も選手起用が楽になってきたように思います

 先々週のこのページで心配していたら、オリックスは西村(西村徳文)監督が辞任して、中嶋(中嶋聡)監督代行となりました。中嶋監督代行が現役時代に日本ハムに来た(2004年)のは僕が監督をやめたあとなので、そんなに深くは知らないのですが、じっくりと取り組んでいくタイプのような感じもします。  オリックスは何かがかみ合わなくて、低迷をしていたんですが、そこに、コーチを入れ替えたり、ファームで見てきた選手を一緒に一軍に上げて使ったりして、代わったとたんに3連勝しましたから、まずは雰囲気を変えて、勝つことには成功したと言えるでしょう。  シーズン途中での監督交代は、僕にも経験がありますが(1986年、中日・山内一弘監督が途中休養となり、高木守道代理監督に)、そういうときって、選手の中に「1年間一緒にやるはずだった監督を、俺たちのせいでやめさせてしまった」という気持ちが出てくるもんなんですよ。皆が「これではいけない」という気持ちになるので、代わってすぐというのは、割合、勝てることもあるもんなんですね。  ただこれが、なかなか長くは続かない。しばらくすると、・・・

本文:2,268文字

写真:1

    続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

    すでに購入済みの方はログインしてください。

    税込110
    PayPay残高
    T-POINT
    使えます
    サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

    週刊ベースボール