Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤクルト・松本直樹 重圧を力に 「プロ野球選手になりたいって言ったことは、たぶんない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

チームを勝利に導くのは、捕手として、出番を得た者としての役目だと考える。決して“野球エリート”ではなかったが、その経験が、「自分よりもチーム」という思いを強くした。 文=菊田康彦(スポーツライター) 写真=桜井ひとし、BBM  打席には阿部慎之助(現巨人二軍監督)、アウトカウントはあと一つ。  2019年9月6日の巨人戦(神宮)。ヤクルト入団2年目の松本直樹は、初めてマスクをかぶったままゲームセットを迎えようとしていた。  リードは3点。真ん中低め、152キロのストレートを阿部が打ち上げると、ホームベース上空に高々と舞い上がった打球は、少し風に流されながらも、マスクを外して待ち構えていた松本のミットに収まった。 「初めて初回から9回まで守って勝ったんで、あの試合は心に残ってます。それまではスタメンで出て勝っていても、大体どこかで代えられてたんで、あの試合は印象に残ってますね」  打っては2安打、1打点。マルチヒットも打点も、これがプロに入って初めてだったが、松本は「自分の中で一番満足感があるのが、チームの勝利なんですよ。自分が(ヒットを)何本打ったとか、何個盗塁を刺したっていうよりも、チームが勝つのが一番、達成感があるんです」と語る。  扇の要たる捕手としては、大事な心構えだろう。それは「プロ野球選手になる道筋からはかなり外れている」という野球人生の中で、培われたものだ。 ''「僕はプロ野球選手になりたいって言ったことは・・・

本文:4,820文字

写真:5
  • 昨年9月6日の巨人戦(神宮)で、初めて最初から最後までマスクをかぶって勝利した
  • 丸亀高3年夏の2011年、香川大会決勝で敗れて甲子園出場はならず(写真は2年春の四国大会)
  • 立大時代は控え捕手の位置づけ。リーグ戦でヒットを放つことはできなかった
  • 西濃運輸では1年目から正捕手の座をつかんだ。巧みな守備で、一躍ドラフト候補に

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊ベースボール