日本がどんなにピンチでも「日本円は低リスク」と扱われる理由

日本がどんなにピンチでも「日本円は低リスク」と扱われる理由

…ロではない。 最近の基本ポートフォリオの発表停止の状況からすると、海外投資比率は高くなる可能性が高くなると考えるのが筋であろう。さらに、GPIFの運用…

2月16日(日) 7時1分-経済総合(現代ビジネス)

ゆうちょ銀:昨年末のCLO残高2200億円増、運用多様化進める

…利回りを確保できなくなっていることから、より高い利回りを求めて海外での投資比率が高まっている。ゆうちょ銀の今井健一財務部長は同日の決算会見で「運用の高…

2月14日(金) 15時20分-経済総合(Bloomberg)

「THE ASIA 5G」14日運用開始、アジア次世代通信関連企業に投資

「THE ASIA 5G」14日運用開始、アジア次世代通信関連企業に投資

…5G」では、日本を含むアジア諸国・地域以外の国・地域の企業が発行する株式への投資比率を純資産総額の40%以下とする。「THE 5G」の19年12月末時点のポ…

2月12日(水) 19時55分-経済総合(モーニングスター)

「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)資産成長型」が3年ぶりの5ツ星返り咲き

「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)資産成長型」が3年ぶりの5ツ星返り咲き

…ク抑制コース」があり、「基本コース」は基本投資比率をもとに分散投資を実施。「リスク抑制コース」は基本投資比率をもとに分散投資を行いつつ、基準価額の下落…

2月10日(月) 16時30分-経済総合(モーニングスター)

3年連続★★★★★、残高上位に「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」など

3年連続★★★★★、残高上位に「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」など

…含む世界の株式に幅広く分散投資する。19年12月31日時点の国・地域別投資比率は、北米45.4%、欧州25.8%、日本11.9%など。20年1月末時点…

2月7日(金) 1時0分-経済総合(モーニングスター)

世界経済で頭一つ抜けた成長率をみせるASEAN-5、ファンド残高は極小

世界経済で頭一つ抜けた成長率をみせるASEAN-5、ファンド残高は極小

…日現在)。同ファンドはベトナム、インドネシア、フィリピン(VIP)への投資比率を過半数に保ちつつASEANや中国、インド等のアジア地域に投資する。パフ…

1月30日(木) 17時35分-経済総合(モーニングスター)

不透明なサイクルに対応するバランス型投資と、分散投資の正しい意味

不透明なサイクルに対応するバランス型投資と、分散投資の正しい意味

…それだけに、投資目的(基本)に戻ってポートフォリオの基本部分(コア)の投資比率を固め、文字通り心理でぶれないバランス型投資(=コア部分)を作っていただ…

1月30日(木) 12時10分-経済総合(ITmedia ビジネスオンライン)

Apple 918億ドルの最高益 しかし研究開発費は4.7%だけ Amazonの半額NETFLIX並

Apple 918億ドルの最高益 しかし研究開発費は4.7%だけ Amazonの半額NETFLIX並

…み分けができそうに思われるからだ。 むしろ、NETFLIXなどの膨大な投資比率やDisney+の拡大の中で、AppleTV+は、まだまだ本腰を入れてい…

1月29日(水) 13時11分-IT総合(神田敏晶)

不安定化する市場を前に「リスクコントロール型ファンド」の安定度に脚光

不安定化する市場を前に「リスクコントロール型ファンド」の安定度に脚光

…運用し、年率3%程度のリスクを目標にリスク資産である株式・REITへの投資比率を調整し、安定的な運用をめざしている。 これら代表的なリスクコントロール…

1月27日(月) 18時40分-経済総合(モーニングスター)

「セゾン 資産形成の達人ファンド」、36カ月連続資金流入、純資産残高1000億円視野

「セゾン 資産形成の達人ファンド」、36カ月連続資金流入、純資産残高1000億円視野

…含む世界の株式に幅広く分散投資する。19年11月29日時点の国・地域別投資比率は、北米45.6%、欧州25.5%、日本12.3%など。19年12月末時…

1月25日(土) 10時0分-経済総合(モーニングスター)