インフルエンザの予防注射「打たない手はない」理由 主な治療薬は5種類、違いは?

インフルエンザの予防注射「打たない手はない」理由 主な治療薬は5種類、違いは?

…ンザの治療薬は主に「リレンザ」「タミフル」「ラピアクタ」「イナビル」「ゾフルーザ」(いずれも商品名、発売順)の5種類。それぞれ服用方法や回数に違いがあ…

12月14日(土) 12時7分-社会(高校生新聞オンライン)

インフル流行のピーク早まる恐れ 患者数、昨年の5倍ペース

インフル流行のピーク早まる恐れ 患者数、昨年の5倍ペース

…るかもしれない」と懸念する。 治療薬をめぐっては、昨年発売された新薬「ゾフルーザ」が注目を集めるが、慎重な使用を求める声も出ている。国立感染症研究所は…

12月11日(水) 17時17分-ヘルス(産経新聞)

はとバス衝突で死亡者…インフルエンザ「仕事休め」の重大サインは?

はとバス衝突で死亡者…インフルエンザ「仕事休め」の重大サインは?

…スが増殖したと考えられるそうだ。「初期症状を感じたら医師の診察を受け、ゾフルーザやイナビルなどの薬を飲むべきです。どちらも1回飲めば4、5時間で熱が下…

12月10日(火) 9時26分-ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL)

インフル、小児のゾフルーザ慎重に 今季の特徴や注意点は?

インフル、小児のゾフルーザ慎重に 今季の特徴や注意点は?

…た場合の治療薬として、昨年3月から保険適用になった「ゾフルーザ」が注目されています。 ゾフルーザは、1回の内服で済むという利便性はありますが、12歳未…

12月2日(月) 11時26分-ヘルス(山陽新聞デジタル)

インフルエンザが早くも41の都道府県で流行期入り 今シーズンはなぜ早い!?

インフルエンザが早くも41の都道府県で流行期入り 今シーズンはなぜ早い!?

…期待されるという「ゾフルーザ」。そんなゾフルーザについて東京大学の研究チームはこんな発表をした。A型インフルエンザに感染しゾフルーザを投与された15歳…

11月29日(金) 12時29分-社会(FNN.jpプライムオンライン)

【医師に聞く】風邪に抗生物質は効かないってホント?風邪やインフルエンザの有効な治し方とは

【医師に聞く】風邪に抗生物質は効かないってホント?風邪やインフルエンザの有効な治し方とは

…部:「ゾフルーザ」の効かないウイルスがいるんですね?虎溪先生:「効かないウイルスがいる」というよりは、ゾフルーザを投与することによってゾフルーザか効き…

11月29日(金) 11時51分-ヘルス(Medical DOC)

インフルエンザ早い流行入り 合併症リスク高い人は要注意

インフルエンザ早い流行入り 合併症リスク高い人は要注意

…フルエンザ治療薬による治療が必要」とする。 ただ、昨年発売された治療薬ゾフルーザについては、日本感染症学会が先月までに、12歳未満の小児には慎重に投与…

11月26日(火) 11時7分-科学(西日本新聞)

インフルエンザ早期流行で注目度アップ、「関連23銘柄」を総点検

インフルエンザ早期流行で注目度アップ、「関連23銘柄」を総点検

…銘柄が、昨年3月に発売となった治療薬「ゾフルーザ」を手がける塩野義製薬(証券コード4507)です。「ゾフルーザ」は1回の服用で治療できるという利便性で…

11月11日(月) 6時5分-経済総合(MONEY PLUS)

飛び降りなどインフルエンザ異常行動、10歳で最多

飛び降りなどインフルエンザ異常行動、10歳で最多

…%、「そのほか」10%。 服用した薬を見ると、「ゾフルーザ+アセトアミノフェン」21%、「ゾフルーザのみ」14%、「イナビル+アセトアミノフェン」10…

10月30日(水) 19時45分-ライフ総合(リセマム)

ゾフルーザ、小児は慎重に インフル薬、学会が提言

ゾフルーザ、小児は慎重に インフル薬、学会が提言

1回の服用で済む手軽さから、昨年の発売以来多くのインフルエンザ患者が使用する治療薬ゾフルーザについて、日本感染症学会は17日までに、12歳未満の小児には慎重に投与…

10月17日(木) 11時39分-社会(共同通信)