このページの先頭です このページの本文へ

Yahoo!ニュース

Yahoo! JAPAN

全国の書店員さんの一次投票で、6冊のノミネート作品が決まりました。
大賞の発表は11月です。

『安楽死を遂げた日本人』/宮下洋一(小学館)
『吃音:伝えきれないもどかしさ』/近藤雄生(新潮社)
『牙:アフリカゾウの「密輸組織」を追って』/三浦英之(小学館)
『ストーカーとの七〇〇日戦争』/内澤旬子(文藝春秋)
『東京貧困女子』/中村淳彦(東洋経済新報社)
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』/ブレイディみかこ(新潮社)
  • 安楽死を遂げた日本人

    宮下洋一(小学館)

    安楽死を遂げた日本人

    出版社からのコメント
    ある日、筆者に一通のメールが届く。〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉。送り主は神経の難病を患う50歳女性。筆者が過去取材したスイスの安楽死団体への入会を望む。昨年9月、実際に彼女に面会すると、「安楽死は私の最後の希望の光」と言われた。一方で筆者は思う。あの笑顔と知性があれば絶望から抜け出せるはず――。患者、家族、筆者の葛藤をありのままに描き、日本人の死生観を揺さぶるドキュメント。

  • 吃音 伝えられないもどかしさ

    近藤雄生(新潮社)

    吃音 伝えられないもどかしさ

    出版社からのコメント
    <日本に100万人もいるのに、彼らを孤独に追いやる「どもる」ことの軋轢とは。>頭の中に伝えたい言葉ははっきりとあるのに、相手に伝える前に詰まってしまう----それが吃音です。店での注文や電話の着信に怯え、伝達コミュニケーションがうまくいかないことで、離職、家庭の危機、時に自殺にまで追い込まれることさえある......自らも悩んだ著者が、丹念に当事者たちの現実に迫るノンフィクションです。

  • 牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

    三浦英之(小学館)

    牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

    出版社からのコメント
    アフリカで、年間3万頭以上のゾウが、牙を抉り取られて虐殺されている。密猟者の目的は「象牙」だ。元アフリカ特派員の筆者は、国際密猟組織の中枢への取材を始める。密猟で動いたカネが過激派テロリストの資金源になっている実態に迫り、背後に蠢く中国の巨大な影を見つける。そして問題は、象牙の印鑑を重宝する私たち日本人へと繋がっていく。虐殺の「真犯人」とは誰なのか――。第25回「小学館ノンフィクション大賞」受賞作。

  • ストーカーとの七〇〇日戦争

    内澤旬子(文藝春秋)

    ストーカーとの七〇〇日戦争

    出版社からのコメント
    「週刊文春」連載時から大反響を呼んだ、筆者自身のストーカー被害をめぐるリアルドキュメント。ネットで知り合った男性との交際から8ヶ月、別れ話を機に恋人はストーカーに豹変します。執拗なメール、ネットでの誹謗中傷......悪夢の神経消耗戦が始まります。警察対応の現実から、弁護士とのやりとり、示談交渉の落とし穴まで、知られざる被害者側の実態を記し、ストーカーの医学的治療の必要性を問いた迫真のノンフィクションです。

  • 東京貧困女子

    中村淳彦(東洋経済新報社)

    東京貧困女子

    出版社からのコメント
    普通を求めて風俗で働く女子大生、理不尽なパワハラに耐える派遣OL、離婚を機に転落した高学歴シングルマザー...、様々な貧困女性の声なき声を、3年間にわたり聞き続けた。今、東京だけでなく、地方でも、貧困に喘ぐ声が広がっている。解決策は簡単には見つからない。でも、彼女たちの声を聞くことはできる。本書を、貧困を自分事として考えるキッカケにしてほしい。著者、編集者、そして話をしてくれた彼女たちも、そう願っている。

  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

    ブレイディみかこ(新潮社)

    ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

    出版社からのコメント
    <大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく>優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学校は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり......。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていきます。落涙必至の等身大ノンフィクションです。