ここから本文です

意識調査

現在の総投票数318,536,294

結果

子供のスマホ利用に「フィルタリング」をかけるべき?

アフロ

アフロ

インターネットは、有用で便利なコミュニケーション手段として、18歳未満の青少年に浸透している一方、インターネットには心身が未発達な青少年が閲覧するには望ましくないと考えられる情報が数多く流通しています。
そういった情報を防ぐ方法として有害サイトの閲覧を制限する「フィルタリング」が有効とされています。
あなたは子供のスマホ利用に「フィルタリング」をかけるべきだと思いますか?(設問提供:総務省)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合計:41,578 実施期間:2015年3月22日~2015年4月1日

  • 小学校・中学校の間はフィルタリングをかけるべき
    35.9%
    14,94635.9%
  • 高校生になってもフィルタリングをかけるべき
    56.5%
    23,51156.5%
  • 利用をすすめない / 子供の判断に任せるべき
    7.6%
    3,1217.6%

※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「意識調査」のデータ利用について

「フィリタリング」利用のすすめ

 平成20年に成立した青少年インターネット環境整備法は、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにすることを目的とするもので、携帯電話事業者に対して、18歳未満の青少年にサービス提供する場合はフィルタリングの提供を義務づけています。

 ただし、その青少年の保護者が、フィルタリングを利用しないと申し出た場合はその限りではありません。
最近では、子供が人気のアプリを利用したいという理由で、親がフィルタリングそのものを利用しないと申し出るケースも増えています。その場合は、当然、自殺、ポルノ、暴力といった分野も閲覧可能になってしまいます。カスタマイズすることも可能ですので、何らかのフィルタリングの利用をお勧めします。

●フィルタリング紹介サイト
「フィルタリング(有害サイトアクセス制限サービス)をご存知ですか?」 (総務省)
「有害サイトアクセス制限サービス」((社)電気通信事業者協会ホームページ) 

意識調査を検索