ここから本文です
結果

遺族への意向確認なしで、被害者の実名報道が許容されるケースはあると思う?

写真:Panther Media/アフロイメージマート

写真:Panther Media/アフロイメージマート

京都アニメーション放火殺人事件の実名報道を巡っては、「遺族の意向」をくむ難しさも浮き彫りとなりました。あなたは、遺族への意向確認なしで被害者の実名報道が許容されるケースはあると思いますか?

合計:4,334 実施期間:2019/12/27(金)〜2020/1/6(月)

  • いかなるケースでも許されない
    32.5%
    1,40732.5%
  • 事件事故によってケースバイケース
    20.9%
    90420.9%
  • 災害時とテロ事件のような不特定多数が巻き込まれた事件のみ許容される
    20.3%
    87920.3%
  • 災害発生時の安否情報のみ許容される
    14.4%
    62414.4%
  • 必ず実名で報じるべき
    6.3%
    2756.3%
  • 被害者が有名人や公人である事件のみ許容される
    5.7%
    2455.7%

※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「意識調査」のデータ利用について