ここから本文です

意識調査

現在の総投票数309,729,198

結果

蚊の発生を抑えるために、一番気を付けていることは?

アフロ

アフロ

「ジカウイルス感染症」は蚊を介して感染するため、ジカウイルス感染症を防ぐためには、蚊の発生を抑えることが重要です。蚊の発生を抑えるために、どのようなことに一番気を付けていますか?(設問提供:内閣官房

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合計:30,723 実施期間:2016年6月5日~2016年6月14日

  • 植木鉢の受け皿に水がたまらないようにする
    38.3%
    11,75238.3%
  • ペットボトルや空き缶にたまった水を捨てて片付ける
    14.4%
    4,42914.4%
  • 野積みされた古タイヤに水がたまらないようにする
    4.9%
    1,5164.9%
  • 上記以外のことに気を付けている(コメント欄にご記入ください)
    5.9%
    1,8205.9%
  • 特に気を付けていることは無い
    36.5%
    11,20636.5%

※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「意識調査」のデータ利用について

ジカウイルス感染症とは

ジカウイルス感染症を防ぐためには、ジカウイルスを媒介する蚊の発生を抑えることが大事です。日本にも生息するヒトスジシマカは主にヤブや墓地、公園などに見られ、日中に活発に活動します。水中に産卵しますが、沼や池のような広い場所よりも、狭い水たまりのような場所を好みます。例えば、屋外に置かれた植木鉢の受け皿や空き缶、ペットボトルなどに溜まった水、野積みされた古タイヤに溜まった水などにも好んで産卵し、孵化(ふか)した幼虫はそこで成長します。
こうした生態から、家の周囲を点検して不要な水たまりをなくすことが、ヒトスジシマカの発生を抑え、ジカウイルスの感染拡大を防ぐことにつながります。

ジカウイルスに関する情報は、こちらをご覧ください。
「ジカウイルス感染症」のお役立ち記事(政府広報オンライン)
「ジカウイルス感染症」(厚生労働省)
ジカウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

意識調査を検索