パク・ヨンミン

国境で見た対北朝鮮制裁 中国は本気か

2017/12/13(水) 8:17 配信

北朝鮮と中国の国境に流れる「豆満江(トマンガン)」。上の写真はその川を挟んで、北朝鮮側の農村を望んだ1枚だ。一帯には鉄条網が張りめぐらされ、国境警備は両国とも厳重だ。核・ミサイル開発に突き進む金正恩政権に対し、国連安保理は制裁決議を既に7回も採択した。その実効性の鍵を握る中国は「北朝鮮をかばっている」と指摘されてきたが、今年8月以降は、金正恩政権の外貨収入を遮断する方向で動いている。中国は本気になったのか。北朝鮮国内に制裁の影響は出ているのか。計30日間に及ぶ中朝国境取材と独自の北朝鮮内部情報をもとに報告する。北朝鮮住民のインタビューも音声でお届けする。 (石丸次郎/アジアプレス/Yahoo!ニュース 特集編集部)

「辺境道路」の先には…

前方に北朝鮮の山並みが見え始めた。あと数分車を走らせれば、中朝国境の豆満江の上流に出るはずだ。「辺境道路」に至る交差路に差しかかると、迷彩服の集団が目に入った。そこで車は止められた。中国の人民解放軍と国境警備隊による合同検問所だ。

「辺境地区に来た目的は何か? 外国人はこの先には行けない」

肩には小銃。運転手は車から降ろされ、トランクのチェックを受ける。取り調べは40分。私たちは国境を目の前にして追い返されてしまった。

国境の川沿いに中国公安当局が立てた看板。密輸、麻薬売買、越境禁止とある=2017年7月(撮影:石丸次郎)

この7月末から10月中旬まで延べ30日間、中朝国境の鴨緑江(アムノッカン)、豆満江一帯を回った。北朝鮮が日本列島越えのミサイル発射実験と核実験を立て続けに強行し、トランプ氏と金正恩氏が「ロケットマン」「老いぼれ」と舌戦を繰り広げていた時期と重なる。

筆者はこの地域に1993年から100回近く取材で通っているが、警備がこれほど厳しいのは初めてだ。国境付近に展開する軍を外国人に見せたくないのか、密輸を警戒してのことか。

北朝鮮の貿易、9割は対中国

中国は金正恩政権の発足以降、7回を数える国連安保理の制裁決議に全て賛成した。もっとも、北朝鮮との経済取引を制限するこれらの制裁が決議される度、中国の不履行や抜け穴が指摘されてきた。

北朝鮮のミサイル発射を受けて実施された国連安保理の緊急会合=2017年11月 (写真:ロイター/アフロ)

例えば、2016年3月の制裁決議「2270号」は、北朝鮮に対し石炭(輸出額1位)、鉄鉱石(同4位)の禁輸に踏み込み、「過去最強の制裁」と呼ばれた。ところが、中国は「北朝鮮への代金が民生用なら制裁から除外する」という例外を設けさせ、北朝鮮との取引を継続した。

すると、半年後の同年9月、北朝鮮は5回目の核実験を強行。中国の姿勢は「北朝鮮をかばっている」と国際社会に映った。

一連の制裁が実際に効くかどうかは中国にかかっている。北朝鮮貿易は9割が中国相手。一方の中国からすれば、貿易額全体の0.16%に過ぎない。

鴨緑江の河原に出てきた北朝鮮の人々=2017年9月(撮影:パク・ヨンミン)

国境沿いで北朝鮮を見る

豆満江上流の国境中国側の和龍(ホーロン)市に「南坪(ナンピン)」という小村がある。ここに行くと、北朝鮮の茂山(ムサン)郡が間近に見える。南坪には通商口もあり、これまで数十回も取材で訪れた。

対岸の茂山の人口は推定10万人。日本の植民地時代に開発された巨大な鉄鉱山がある。鉄鉱石は経済成長を続ける中国向けに輸出され、金正日時代から右肩上がりに伸びた。

ニュース報道 記事一覧(62)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。