得能英司

「牛の角突き」「上げ馬」――  伝統に変化、動物愛護の声を前に

2017/7/20(木) 10:22 配信

新潟県小千谷市の闘牛をご存じだろうか。「牛の角突き」と呼ばれる伝統行事で、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。この行事が実は、少しずつ姿を変えているという。「動物虐待をやめて」という愛護団体の声がこの山深い地域にも届き始め、“対策”に乗り出したからだ。近年、欧米を軸とした愛護団体の訴えは勢いを増すばかり。動物園や水族館、サーカスなどで動物を使うことを禁じる国・地域も出現し、「動物を守れ」の声は日本の伝統行事にも及んでいる。伝統と動物愛護。その接点を各地に訪ね、そして見えてきたものは―。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

深層クローズアップ 記事一覧(71)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。