Rain, 2014-2015(C)Yoshinori Mizutani/courtesy of IMA gallery

「写真さえあれば世界とつながれる」――就活に挫折した大学生が写真家として「逆輸入」されるまで

2017/3/19(日) 7:31 配信

今、世界のアートマーケットから熱い視線を浴びている一人の日本人写真家がいる。水谷吉法(みずたによしのり)、29歳。デビューから4年足らずという若手ながら、ロンドン、ミラノ、ベルギー、スイス、北京など、世界の錚々たるギャラリーから作品展示のオファーが相次ぎ、エルメスのアートコレクションにも作品が並ぶ。



雑誌掲載は2016年だけで伊アート誌『Pagina99』、仏ファッション誌『REVS magazine』、米ファッション誌『HARPER’S MAGAZINE』など20誌以上に及ぶ。今年2月にはパリで初の個展を開催し成功を収めるなど、活躍の舞台は国境を越える。国内よりも先に海外で人気に火が付いた“逆輸入型”の写真家ともいえる。彼の作品の魅力は何なのか。世界からこれほど評価されるのはなぜなのか。そして、彼は何者なのか。世界が惚れる日本人写真家・水谷の素顔に迫った。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。