岡本裕志

火山列島ニッポン 「温泉観光地」の苦悩と模索

2016/6/4(土) 20:23 配信

さあ、この週末は家族や友人と一緒に温泉へ――。そんな計画が、火山活動のせいで白紙になった経験はないだろうか。日本の活火山は110。温泉地の近くに必ず活火山があるわけではないが、最近は、噴火が観光産業に打撃を与えるケースも目立つ。その地元を歩くと、実は「厳しい」「苦しい」だけではない取り組みも見えてくる。温泉地が模索する「火山との安全な付き合い方」とは?(Yahoo!ニュース編集部)

温泉が止まったままの旅館70軒

まず、日本有数の温泉観光地、神奈川県「箱根」のケースを紹介しよう。箱根山の火山活動「活発化」から1年。今年のゴールデンウィーク中、箱根は大勢の観光客でにぎわった。

箱根ロープウェイは、まだ全区間の運行再開まで至っていないが、火山活動の影響で運休していた姥子(うばこ)~大涌谷(おおわくだに)の区間が動き始めた。大涌谷名物の「黒たまご」の販売も再開した。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

深層クローズアップ 記事一覧(70)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。