菊地健志

「サッカーがあるから日本で生きていける」ーー祖国を離れ30年、在日ミャンマー人の「父」になった男

10/4(日) 18:27 配信

日本で暮らすミャンマー人たちのサッカーチーム「MFC Tokyo」。監督のハンセインさん(54)は元プロ選手だが、民主化運動の弾圧を機に日本へと逃れてきた難民だ。それからずっと、日本で暮らすミャンマー人の心をサッカーを通じて支えてきた。在日ミャンマー人の「父」とも慕われる、ハンセインさんの人生に迫った。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。